ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

10年後の飲食業界を大胆に予想! 「FOODiT TOKYO」が考える未来の外食産業

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly
foodit2016001

ゼットン・稲本健一会長、串カツ田中・貫 啓二社長など飲食業界をリードする経営者たちが多数参加した

8月22日、トレタ主催のイベント「FOODiT TOKYO 2016」が開催された。これは“外食産業の未来を考える”というコンセプトのもと開催されたイベントで、業界をリードする経営者たちが登壇し、それぞれの知見をもとに飲食業界の未来について語り合った。

じつに13ものセッションが行われたが、なかでも最終プログラムとして開催された「FOODiT 未来総研が大胆予測! 外食産業の10年後はこうなる」というトークセッションは大変興味深い内容で、まさに“飲食業界の未来”を感じさせるものだった。ここではその内容を詳しく紹介していく。

DSC_4059

トークセッション「外食産業の10年後はこうなる」の様子

10年後の飲食業界にはアルコールを出さない居酒屋が誕生する!?

トークセッションに登壇したのはトレタ代表の中村仁氏、『WIRED CAFE』などの運営で知られるカフェ・カンパニー代表の楠本修二郎氏、そして飲食店プロデュースを行っているカゲン取締役の子安大輔氏。

まずは子安氏とトレタのマーケティングチームが予測した“外食産業の10年後”が発表された。以下、配布資料「外食産業の10年後予想レポート」を要約して紹介する。

「すでに日本の外食産業は飽和状態にあるとされている。市場規模は1997年の29兆円をピークに、以降は年々下降傾向。ここ数年はピーク時のおよそ2割減の23~24兆円で推移、2020年には1割、2025年には2割ほどの縮小が予想されている。

では今後、どのような「社会変化」が外食産業の変化の引き金になるのか。トレタでは以下3つの変化が引き金になるのではと予想している。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。