ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

「withコロナ時代」の宴会スタイルで売上回復。『板前DINING 斬』の“攻め”の改革

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

店主の高橋基(もとい)さん。「ソーシャルディスタンスコース」の考案者でもある

新型コロナウイルスの影響により、売上や客足の減少といったあおりを受けた飲食店は数知れない。感染リスクへの対策に、従来とは異なる施策を始めた店舗も多いことだろう。

築地で10年以上愛されている創作居酒屋『板前DINING 斬』は、今回の騒動を機に店舗の全体的な改善を実施。「ソーシャルディスタンスコース」をはじめとした新たな試みも少しずつ実を結び、一度は減った客足が戻りつつある。今回は、店長の高橋基さんにコロナ禍による店舗への影響と、その後の改善策について話を伺った。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
高橋健太

About 高橋健太

10数年の飲食業界での経験を経て、物書きとして独立。交通新聞社『散歩の達人』、Webメディア『FOOD STADIUM』などのグルメ記事を中心に活動。インタビュー記事を得意とする。