飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

カフェ開業の資金を節約するには? 憧れのカフェオープンを成功させたオーナーの声を紹介!

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

1990年前後からはじまったと言われる日本のカフェブーム。その後も2000年代前半のスターバックス旋風、最近ではパンケーキ店を中心としたハワイアンカフェ人気など、それぞれの時代に合った様々なカフェブームが生まれている。
昨今では友達とのおしゃべりだけでなく、ビジネスマンの打ち合わせなどにも気軽に利用され、日本人の生活に欠かせない存在となっているカフェだが、客として訪れるだけではなく、自身でカフェを開業したいという人も非常に多いのだ。
「飲食店.COM」が調査した2015年2月~4月の「出店したい業態ランキング」によると、1位の居酒屋・ダイニングバーに次いで、カフェは第2位にランクインしている。また割合を見ても全希望業態の中で17.0%となっており、一定のボリュームを占める人気業態と言って良いだろう。

<出店したい業態ランキング(2015年2月~4月)>

1026_f

※飲食店.COMの新規会員登録者のうち出店予算を登録した数から集計

さて、カフェ開業を考える際、もっとも気にかかるのは開業資金だ。飲食店.COMに登録されたカフェ開業希望者の開業資金の分布を見てみると、開業資金が「未定」という人の割合が32.2%にものぼっており、これは他業態と比較しても最も割合が高い。
カフェの開業希望者は、他業種と比較すると飲食以外の異業種からの初出店というケースが多く、「いつかはカフェを開業したい」と夢を抱きつつも、まだ計画が現実的になっていない人が多いと予想できる。

<カフェ開業希望者の開業資金>

1026_g

では、カフェ開業という夢を憧れのままで終わらせず、現実的に成功させるためにはどんなことがポイントとなるのだろうか。

まず第一に考えなければならないのは、開業資金を抑えることだ。一般的にカフェはドリンクや軽食を提供するケースが多く、客単価が低い傾向にあるため、いかに出店費用を安く抑えるかが重要となってくるためだ。
開業資金を大きく節約する一番の手段は、居抜き物件を利用することだ。前述のようにカフェは軽飲食の提供が多いため、電気・ガス・水道といったインフラには、そこまでの容量を必要としない。そのため、物件選びの選択肢は広く、工事なしで前店の設備をそのまま利用できることが多い。なお、エスプレッソマシンやグラインダーといったカフェ特有の機器が必要となることが多いため、それらがしっかりと整備されている物件は更にお得となってくる。
また、雰囲気を重要視するカフェという業態において、開業者が最もこだわりたい点が内装だろう。内装工事には数百万円単位での費用が必要となるが、居抜き物件では前店の内装をそのまま使うことが出来るため費用を抑えることができる。内装を気に入って買取りを決定したというケースもあるくらいだ。その場合、インテリアや食器を含めての売却なのか、よく確認することがポイントだ。内装がそのままでも、家具や小物で世界観を表現したり、工夫する方法はたくさんある。

続いてここからは、少ない予算でカフェ開業を実現した方の声を紹介したい。

2014年7月に開業した「Jolly Cafe」は自己資金300万円、借入金200万円の計500万円という低予算で開業を実現させた店だ。オーナーに話を伺った。

Jolly Cafe

‐開業までの道のりについてお聞かせ下さい。
「2年ほど前、勤めていたアパレル会社を退社し、その後健康について考えたりすることが増え、フレッシュジュースのお店をやりたいなと考え始めました。そこで、カフェやパンケーキ店でアルバイトをしたり、半年ほどカフェについて学べるバンタンのカフェコースに通ったりしながらお店のイメージを膨らませていきました」

飲食の経験がない開業者の場合、Jolly Cafeのオーナーさんのように、専門学校のカフェコースで学ぶケースも少なくないようだ。

‐ 開業までに困ったことはありますか?
「築年数が古い物件なので、『湿気』が大変でした。強い雨が降った日は、壁にシミのようなものが出てきてしまったり…。そのため、内装に入る前に自分で防水の業者さんに頼んで加工を施してもらいました。これは想定外でしたね」

築年数が古い物件を選ぶことは節約のポイントと言えるが、インフラ面での対策はしっかりしたいところだ。

また、開業資金を節約するには、セルフリノベーションという選択肢もある。2012年9月に開業した「hana cafe」のオーナー松澤 邦明 さんに開業エピソードを伺ってみよう。

hana cafe

‐ デザイン会社に依頼しつつも、セルフリノベーションをされたそうですが?
「今回『セルフリノベーション』という形で、壁や天井、フローリング貼りなどは、すべて私自身でやりました。
内装のイメージも持っていましたので、アンフィニさん(デザイン会社)には大枠を造っていただいたというイメージですね。」

‐ 出来上がっての感想をお聞かせ下さい。
「特に大きなトラブルはありませんでしたが、『セルフリノベーション』は、思っていたよりもずっと大変でした。アンフィニさんには大変良くしていただいたのですが、『どこまでやっていただけるのか?』などということに関しては、もう少しこちらが確認をしっかりとっておけば良かったのかなとも感じます。
また今回、居抜き物件を選んだのですが、築30年ということもあって厨房内は総取り替えしましたし、そこまで居抜き物件のメリットは感じられなかったかもしれません。
ただ、出来上がりに関してはとても満足しています。『もう少しこうしたい』ということはありますが、想定していた範囲内の金額で、自分の理想であった手作りの雰囲気がしっかりと出せたと思っています。」

‐ お店のPRと今後の目標について教えていただけますか?
「なんといっても、温かみのあるフレンチナチュラルアンティークな雰囲気が自慢です。壁やドアの装飾、テーブルや椅子なども自分で手をかけているので、手作り感がいっぱいの優しい雰囲気のお店になっています。」

さて今回は、多くの方が夢見るカフェ開業について資金節約となるポイントを開業者の声を交えてご紹介した。「飲食店.COM 開業者の声」では200名以上の開業経験者に、出店についてのインタビューを行っているので、参考にして頂きたい。
また、「飲食店.COM 譲渡情報」では、解約前の未流通情報も豊富に探せるので物件探し中の方はチェックしてみよう。

飲食店の経営に役立つマーケティングサイト「飲食店.COMリサーチ」
「飲食店.COMリサーチ」では、当社運営サイト「飲食店.COM」の会員である飲食店経営者・運営者および開業希望者を対象にした調査活動を行っております。飲食店の生の声を集めることで、飲食業界の今を切り取るトレンドデータを発信しています。
また、飲食店へのアンケート調査のご依頼や、飲食店の売上トレンドや出店・退店数などのマーケティングデータの提供も承っております。詳細は下記にお問い合わせください。

株式会社シンクロ・フード「飲食店.COMリサーチ」問い合わせ窓口
TEL:03-5768-9522
Mail:support@synchro-food.co.jp

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
Ayako Sato

About Ayako Sato

株式会社シンクロ・フードのWebマーケティング担当です。飲食業界に関するデータ分析記事を執筆しています。