ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

若手女性料理人の活躍を後押し! 食べログのコラボダイニング「Next Table」の全貌

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

9月9日に開催された「Next Table」。写真は『老虎菜』服部萌さんの調理の様子。撮影=松園多聞

レストラン検索・予約サイト「食べログ」が、次世代を担う若手料理人の活躍の場を作り、応援することを目的とした「Next Table」をスタートした。日本最大のグルメサイトとして「食文化の未来をつくり、日本の飲食を盛り上げよう」という背景から生まれたプロジェクトだ。

具体的には、若手料理人を迎え、毎回異なるテーマでコラボダイニングイベントなどの開催を予定している。コンテストとして優劣を競うのではなく、料理人たちが店以外で新しいことに挑戦し、同世代の料理人と切磋琢磨したりする場を提供することが狙いだ。

イベントの段取りの最終確認にのぞむ若手女性料理人たち

第一弾は若手女性料理人の活躍を後押しするコラボイベント!

そんな「Next Table」第一弾が、「若手女性料理人」をテーマに2018年9月9日に開催。若手女性料理人5名とソムリエ1名による6皿(料理5品、デザート1品)とドリンクペアリングが一夜限りのディナーとしてふるまわれた。

日本の飲食業界は女性料理人が活躍しづらいことが課題のひとつとして挙げられている。今回のコラボイベントでは、こうした課題に対しての問題提起、そしてこれからの飲食業界を担う若手女性料理人の活躍を後押しするという狙いもあるそうだ。食べログは今回のテーマについて次のようにコメントしている。

「“若手料理人×テーマ”でコラボダイニングイベントを行うことを目指しスタートした『Next Table』、テーマを考える際に“女性料理人の少なさ”を課題として捉えている料理人が多いことを思い出しました。初回イベントのインパクト、さらに“女性料理人の少なさ”という課題について皆で考えるきっかけとなればと思い、第一回目のテーマを『若手女性料理人』に決定。キッチンのアシストには男性も関わっていましたが、あくまでサポートに徹して女性ならではの感性で作ったイベントとなりました」(Next Table企画担当)

キッチンには男性スタッフもいるが、あくまでもサポートに徹した

集まったのは今注目の料理人&ソムリエ

会場に集まったのは、今後さらなる活躍が期待される6人の女性たち。和食の料理人、フレンチのシェフからソムリエまで、料理人それぞれの個性に注目が集まる。料理は各料理人を知ってもらうため、それぞれが渾身の一皿を作りあげる。料理人が自分で考え、全力で力を発揮できるように主催者側も内容についてはほとんど干渉しなかったそうだ。

厨房には真剣な眼差しで料理と向き合う若手女性料理人たちの姿が。女性の料理人ばかりというのはなかなか見られない光景だが、プロの姿はやはりかっこいい。一皿一皿まったく違う料理だが、どれも美しく凛とした見た目が印象的だ。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
若松真美

About 若松真美

ライフスタイルや旅行に関する女性向けWebメディアで編集者を経験後、現在はフード、トラベル、日本文化などの分野で執筆するライター。蕎麦屋酒と浮世絵を愛する。週末は東京下町を中心に酒場巡りや町歩きを楽しんでいる。