ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

中目黒にオープンしたスタバ『ロースタリー東京』体験記。非日常を感じる店づくりに驚愕!

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『スターバックス リザーブ ロースタリー東京』の店内

2月28日、中目黒にオープンした『スターバックス リザーブ ロースタリー東京(以下、ロースタリー東京)』。同店は『スターバックス』における高級ラインの店舗で、世界で5店舗目、日本では今回が初出店となる。コーヒー豆の焙煎設備を備える、通常店舗にはないメニューが販売されている……などなど、スタバファンならずとも気になる要素が盛りだくさんの同店。何がすごいのかを確かめるべく、3月の週末に実際に店舗に行ってきた。

人が多く交通整理のスタッフなども立っており、店舗周辺は若干ものものしい雰囲気

とにかく並ぶ、並ぶ! テーマパーク気分で行くべし

オープンから4日間は優先チケットを抽選で配布して混雑を緩和していたとニュースで読んだが、オープンからひと月ほど経過した今でも大混雑していた。その対処方法として導入されているのが整理券。来店したら店舗の左隣に設置しているスペースで整理券を入手し、それから順番が来るのを待って入店する、という流れだ。休日の昼過ぎなんかにうっかり行ってしまうと夜まで順番が順番待ちになってしまうこともあるそうだ。

1200組ほど待っているなんて、気が遠くなりそう……

筆者はあらかじめ午前中に整理券を取りに来てから一旦帰宅。3~4時間後に順番が呼ばれ再度店舗に行った。家に帰るのは面倒だという人は、比較的並ばずに入店できる平日の朝7~9時に行くか、午前中に整理券を入手しておき付近で時間を潰してから再度行くという方法を取ろう。

数時間待って順番が来たといっても、まだ落ち着けると思ってはいけない。中に入ってからも、席の確保やメニューの購入などまだまだ気が抜けない。こうなったらテーマパークに行く気分で、コーヒー豆が焙煎されている様子や音、メニューなどを眺めて、並んでいる時間も楽しむぐらいの余裕をもっていたい。

中に入ると、「まず席を1〜4階まで探索してから注文してください」とスタッフにアドバイスをもらう

1階から4階まで貫くロースタリーに、プチ工場見学気分!

何と言っても店内で圧倒的な存在感を放っているのが、1階から4階まで貫く高さ約17mの銅板のキャスク(豆を貯蔵しておくタンク)。世界でもっとも背の高いキャスクなのだとか。

店舗の敷地面積は1,200㎡と通常のスタバの約15倍で、焙煎工場も併設。日本市場向けに年間約68万kg以上のコーヒー豆が焙煎されるらしく、現在も他のスターバックス店舗で、ここで作られたコーヒーが販売されている。巨大な焙煎機から出てくる豆や店内に張り巡らされたチューブを通る様子は、工場見学さながらの迫力を味わえる。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
西尾悠希

About 西尾悠希

これまでグルメ系情報誌やカフェのムック本、グルメ系サイトなど、飲食系メディアに数多く編集やライティングで携わる。料理が趣味で、フードアナリストやフードコーディネーターの資格も取得。お酒を飲むのも好きで、休日には三軒茶屋や学芸大学の飲食店をよく開拓している。