ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

超話題のラーメン居酒屋『ももまる』。ピンクの妖精・レディーモモの「おもてなし論」

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『ももまる』の店主・レディーモモ氏

接客業に欠かせない「ホスピタリティ」。その言葉からは「おもてなし」や「礼儀正しさ」「丁寧な言葉使い」などが連想されるが、ホスピタリティが意味するのは果たしてそれだけなのだろうか。今回ご紹介する渋谷『ももまる』は、ひと味もふた味も違うホスピタリティが味わえる店舗だ。

さまざまな店が軒を連ね、しのぎを削るグルメ激戦区・渋谷。そんな街で、大ブレイク中の『ももまる』では、ピンクのコスチュームをまとった店主・レディーモモ氏のアクロバティックな接客が話題を呼んでいる。『ももまる』流の接客の魅力と、リピーターが絶えない秘密を探った。

アクロバティックな接客で客の心をつかむ

サプライズの連続! インスタ映え間違いなしの店内

渋谷駅周辺の喧騒から離れた場所に位置する渋谷区桜ヶ丘。小体な良店がぽつりぽつりと並ぶエリアに『ももまる』はある。

「『ももまる』の一番の魅力は、なんと言っても他店にはないサプライズ! おしぼりの配り方から全然違います。ほかにも、“何コレ!?”と思ってしまう面白いメニュー名や料理など、ここでしか体験できないサプライズを楽しむことができます」

全部で25席ある『ももまる』の店内。ピンク好きのモモ氏の店はレジまでピンクだ

『ももまる』の魅力について、このように語るレディーモモ氏。「サプライズ」を意識したサービスを行うに至った経緯は、『ももまる』名古屋店で働いていたモモ氏がホットパンツを穿いてみたことから始まるという。お客さんからのツッコミに対し、いかに面白く受け答えするかを考えているうちに現在のようなパフォーマンスをするようになったのだそう。

「飲食店で、ご飯が美味しいことや、サービスがしっかりしていることは当たり前。お客様に店まで足を運んでもらうには、何か付加価値がないとダメだと思っています。それが、このパフォーマンスですね。日本では接客イコール“いかに丁寧な対応をするか”といった風潮がありますが、接客のあり方って最終的にお客様を喜ばせられれば何でもアリなんじゃないかな?」

黒板にはユニークな名前のメニューが並ぶ

店の「空気」は常にチェック!

『ももまる』の常連にはビジネスマンや国内外の著名人も多く、接待に使われることもあるという。彼らがリピートしたくなる理由はどこにあるのか。

「サプライズと同じくらい大切にしているのは“いかに良い空気を作るか”です。お客様の会話が楽しそうに弾んでいる店の空気は潤っていますが、活気のない店では空気が乾いている。なので、ちょっと静かだなと感じたら、音楽のボリュームを変えたり、パフォーマンスをしたりして、良いお店の雰囲気を保てるように心がけています」

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
立岡美佐子

About 立岡美佐子

ごはんと旅、猫を愛する、編集者&ライター。以前は外資系コンサルティング会社に勤務するも、編集の世界に憧れ、転職。ビジネス系や、グルメ系、旅系の媒体で活動中。辛党。