ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

【新型コロナ】消費者の多くが飲食店に「厳密な衛生管理」求める。Retty調査で明らかに

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

全国で新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたが、2か月近い外出自粛と、自治体からの営業時間短縮や休業要請などにより、飲食店は大きなダメージを受けている。今後、客足・売上回復の見込みはあるのだろうか。

日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」を運営するRetty株式会社は、緊急事態宣言解除後の外食に対する消費者意向を独自に調査した。今回はその内容を紹介していく。

調査期間:2020年5月29日~6月3日
調査対象:「Retty」アプリユーザー(会社員・会社役員・自営業・パート・アルバイト・主婦・学生・その他)の計1154名

93.9%が「外食を利用したい」と回答。店内でしか得られない体験を理由にあげる人も

まず、緊急事態宣言発令前の外食頻度(ディナー)を聞いた。すると「ほぼ毎日」(7.3%)、「週に2、3回」(25.8%)、「週に1回」(22.9%)、「2、3週間に1回」(24.1%)、「月に1回」(11.4%)、「それ以下」(8.5%)という結果に。「週に1回以上」外食を利用していたという回答が56%と半数以上だった。

緊急事態宣言発令前の外食頻度

緊急事態宣言解除後に外食を利用したいかの問いでは、93.9%が「利用したい」と回答。頻度については、「外食を利用したい」と回答した人のうち48.4%が「緊急事態宣言発令以前より頻度は減るけど利用したい」と回答した。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。