飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店のコロナ対策、注意すべきは「マイクロ飛沫感染」。アクリル板だけでは不十分?

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

新型コロナウイルスの影響で、多くの飲食店が感染症対策に取り組んでいる。検温や手指消毒といった手頃な対策から、最近はテーブルにアクリル板を設置する店舗も増えてきた。これらの対策は本当に有効なのだろうか。

3月30日、国際医療福祉大学教授で感染対策のスペシャリストである和田耕治氏などが登壇したオンライン座談会「飲食店における感染対策について」が開催された。主催したのは大阪医科薬科大学准教授の伊藤ゆり氏。そのほか、大阪大学助教の村木功氏、千房株式会社代表取締役社長の中井貫二氏、弊社・株式会社シンクロ・フードの細川晃が参加。飲食店の感染対策についてクロストークが行われた。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
竹野愛理

About 竹野愛理

食と文学を愛するライター。飲食店取材、食に関するコラム、書評を執筆のほか、食関連のメディアや書籍にて編集者としても従事。趣味は読書と散歩。本を片手に旅行したり食べ歩きをしたりすることが好き。