飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ 2022」発刊。「今年のシェフ賞」は『レヴォ』谷口英司氏

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

「今年のシェフ賞」を受賞した『レヴォ』谷口英司氏(中央)

ガストロノミー・パートナーズ株式会社は3月15日、レストランガイド「ゴ・エ・ミヨ 2022」の発刊記念イベントをYouTube Liveにて配信した。

「Gault & Millau(ゴ・エ・ミヨ)」は、1972年にフランス・パリで誕生した本格レストランガイド。単に料理だけでなく、“予約の電話から見送りまで”を総合的に評価し、レストランという舞台を支えるプロフェッショナルに光を当てることで、優れた料理店や新しい才能を見出してきた。

現在世界15か国で展開しており、日本では2017年に刊行。2022年版は初掲載の九州・沖縄地方を含め、全41都道府県、477軒の名店を紹介している。

本イベントでは、「今年のシェフ賞」や「期待の若手シェフ賞」をはじめとする9つの賞、15名の受賞者を発表した。

【注目記事】富山『レヴォ』谷口英司シェフの新たな挑戦。利賀村へ移転も「すべてが僕らの武器」

「ゴ・エ・ミヨ 2022」表紙

「今年のシェフ賞」は、富山で究極の地産地消を追求する『レヴォ』谷口英司氏

調査した店舗の中で、才能を縦横に発揮し、最も斬新で完成度が高く、インパクトのある料理を出した料理人へ贈られる「今年のシェフ賞」を受賞したのは、富山『レヴォ』(フランス料理)の谷口英司氏。自身をはじめ、スタッフ全員が利賀村に移り住み、地域に溶け込むことで究極の地産地消を追求している。

谷口氏は移住のきっかけについて、「自分たちが自信を持って育てた食材を使い、美味しい料理をお客様に提供したかった」と説明。また「雪が多い地域で大変なこともあるが、スタッフみんなで力を合わせながら楽しくやっている。私たちがもっと力強く、たくましくなることで、それが料理にも還元されてくると思う」と語った。

「期待の若手シェフ賞」は長崎・島原の『ペシコ』井上稔浩氏

今後の活躍を大いに期待させる新進気鋭の料理人へ贈られる「期待の若手シェフ賞」は、長崎『ペシコ』(ジオ・ガストロノミー)の井上稔浩氏ほか2名が受賞。

井上氏は、「私たちのレストランを旅の目的地にして、はるばるお越しになられるお客様が増えていてとても嬉しい。地域のつながりを大切にしながら、5年、10年と継続し、島原という土地に必要とされる店となれるよう精進していきたい」と述べた。

『ペシコ』井上稔浩氏

「明日のグランシェフ賞」は、田熊一衛氏、藤井寛徳氏、前田 元氏の3名

確固たる基本技術の上に、独⾃の世界観を築き、優れた才能として⽇本の料理界を牽引することが期待される料理⼈へ贈られる「明日のグランシェフ賞」を受賞したのは、東京『レクレルール』(フランス料理)の田熊一衛氏、富山『御料理ふじ居』(日本料理)の藤井寛徳氏、京都『モトイ』(フランス料理)の前田 元氏の3名。

火入れへの原点回帰として薪焼きに挑戦している田熊氏は、「薪の扱いにも慣れてきて、オープンから進化を重ねられている実感がある。これからも薪と料理とを照らし合わせ、技術を磨いていくことで、唯一無二のものを生み出し続けたい」と語った。

『レクレルール』田熊一衛氏

藤井氏は、「以前から憧れ、目標としていた賞をいただくことができ、今までやってきたことが報われたような気がする」と受賞の喜びを表現。今後の抱負については、「富山の良さ、北陸の良さを広め、たくさん足を運んでもらえるエリアへと飛躍させたい」と述べた。

『御料理ふじ居』藤井寛徳氏

前田氏は京都の魅力について、「食材に恵まれ、自分が走り回れるくらいの距離感に素晴らしい生産者の方々がいること」とコメント。また若手を育成する立場として、「今の世代に合わせた方法を模索しつつ、先輩たちから学んだ“心”をしっかり受け継いでいきたい」と思いを語った。

『モトイ』前田 元氏

Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。