ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

「忙しいときはお客様の笑顔を力に」──『ザ・グリルマーケット』河村紀寿さん|ルーキーズ・スナップ

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

常に優しさがにじみ出ている河村さん

飲食店で働く看板スタッフをご紹介していく当企画「ルーキーズ・スナップ」。第5回目となる今回は『ザ・グリルマーケット』の河村紀寿さんを取材。仕事へのこだわりについて教えていただきました。

【PROFILE】
趣味:美術鑑賞
特技:ダーツ
休日の過ごし方:美術館巡り
好きな異性のタイプ:優しい人
将来の目標:独立すること!
得意な仕事内容:接客
お店のおすすめポイント:一流シェフが作るジューシーな肉料理!
お仕事のやりがい:自分へ会いに来店してくださるお客様がいること

お客様のひと言がモチベーションに

鉄板屋に居酒屋、さらにはバーなど、数々の飲食経験を持つ河村さん。現在は、イタリアンのお店でホールとキッチンの両方を行き来している。そんな多忙な河村さんは、来店してくれるお客様のひと言が救いになっているとか。「以前働いていた店のお客様が今の職場にもいらしてくれて、『のりちゃん!』と笑顔で言いながら来店してくれると、忙しいときでも嬉しくなります。飲食店はお客様の素の笑顔が見られる仕事なので、やめられないですね」。

状況に応じてホールも担当する

お悩み相談室「シェフと話すのが億劫です」

---編集部にこんなお悩みが届いています。河村さんならどう解決しますか?

Q.ホールスタッフとして働いているのですが、厨房スタッフとなかなか仲良くなれないんです。厨房は毎日戦場のような忙しさで、そこで働くスタッフたちもなんだか怖く思えて、自分から話かけることができません。むしろ、向こうから怒ってくることもしばしば……。どのようにコミュニケーションを取ればいいですか?

A.私も、最初の頃はシェフに怒られてばかりでしたし、怖くて話すことすらできませんでした(笑)。でも、仕事をしていて次第にわかってきたのは、そのような強面のシェフからも「かわいがられる」ことが大切だということです。私の場合は、いじられるキャラクターを設定するようにしました。そうすることによって、なにかあったら「仕方ないやつだなー!」と許容してくれることが増え、自然と話しがしやすくなりました。だからと言って、なれなれするのはよくないですが、キャラクターを作っておくとコミュニケーションが取りやすくなると思います。

---キャラクター設定がコミュニケーションを生みやすくするんですね。本日はありがとうございました!

迫力ある塊肉が食せる人気店!

『ザ・グリルマーケット』
住所/神奈川県川崎市川崎区小川町4-1 ラ・チッタデッラ内 マッジョーレ2F
電話番号/044-230-1718
営業時間/ランチ 11:00~15:00(L.O.14:30)、ディナー 17:00~23:00(L.O.22:00)、土日祝日 11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日/無休
http://lacittadella.co.jp/shop/detail/grillmarket/

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
小川迪裕

About 小川迪裕

フリーランスライター・編集者。ファッション誌の編集を経験後、アウトドア、フード、健康などの記事を執筆。趣味が高じて、オートキャンプインストラクターの資格を取得。カルチャー教室「イオンカルチャークラブ」にて教室を主幹。そのほか、ポッドキャスト番組「ワンコと一緒にくるま旅」のパーソナリティも務める。