ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

居酒屋の「お通し」問題、店主のホンネは? 「見え辛いところでお金を取るしか方法がない」との声も

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

Photo by iStock.com/Sean_Kuma

居酒屋文化の一つともいえる「お通し」。お酒をオーダーし、一品目の料理が運ばれるまでのつなぎともいえるが、近年は「好きなものだけを食べたい」「頼んでもいないものにお金を払いたくない」などの意見もあり、お通しを望まない人も増えているようだ。一方で「席料やサービス料だと思えばよいのでは」と、本来の「お通し」とは異なるとらえ方で許容する声も……。では、お通しを出すお店側の思いはどうなのだろうか。

今回の「飲食店リサーチ」では、飲食店のお通しやサービス料についてアンケート調査を実施。お通しを出す店、出さない店、それぞれの本音を紹介する。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
戸田千文

About 戸田千文

広島・東京を中心に活動するフリーランスの編集・ライター。これまでにグルメ冊子や観光ガイドブック、町おこし情報誌などの編集・執筆を担当。地方の魅力を首都圏に発信する仕事をするのが夢。おいしい地酒を求め、常にアンテナを張り巡らせ中。