飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

【新型コロナ】1都3県の緊急事態宣言、21日まで再延長へ。飲食店の時短要請も継続か

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

新型コロナウイルス対策として首都圏1都3県に発令されていた緊急事態宣言について、感染症の専門家などでつくる諮問委員会は5日、21日まで延長するとした政府の方針を了承した。政府は5日夜に対策本部を開き、延長を正式決定する。これに伴い、首都圏の飲食店への時短営業要請も延長するとみられている。

【注目記事】2021年の飲食業界動向をテーブルチェックが予測。コロナ禍で“ハレの日”需要高まる

今回の延長について、菅首相は1都3県の陽性者数や病床数を鑑みて検討したといい、「感染防止対策が極めて重要な局面」であるとしている。また、延長は2週間程度が必要ではないかと考えているものの、「専門家や関係者の意見を伺ったうえで、最終的に判断したい」と述べた。内閣官房によれば、今回延長が検討されている1都3県は、3月2日時点で最も深刻なステージ4に該当する値ではなくなったものの、まだ油断できない状況が続いているという。

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

1都3県の知事も「延長は適切である」と判断

この考えに対し、各知事も同様の意見を示している。東京都の小池知事は「延長という考え方は基本的に都の考え方とも一致する」とし、埼玉県の大野知事も「政府の判断は適切である」と述べた。さらに、千葉県の森田知事も「感染状況を見ると、宣言延長はやむを得ない」とコメントしている。また、首都圏で唯一ステージ2となった神奈川県の黒岩知事も、1都3県で足並みを揃えていくことを確認しているという。

政府は不要不急の外出やテレワークの推進をさらに呼びかけ、感染者の減少へつなげていく構えだ。飲食業界にとって厳しい状況が続くが、一刻も早く感染拡大が収まり、普段通りの営業ができるようになることを願うばかりだ。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
竹野愛理

About 竹野愛理

食と文学を愛するライター。飲食店取材、食に関するコラム、書評を執筆のほか、食関連のメディアや書籍にて編集者としても従事。趣味は読書と散歩。本を片手に旅行したり食べ歩きをしたりすることが好き。