飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

【新型コロナ】雇用調整助成金の特例措置、5月から縮減。「まん延防止」地域は現行を維持

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

厚生労働省が、雇用調整助成金の特例措置について5月以降の方針を発表。現行の特例措置は、5月から段階的に縮減されることとなる。ただし、感染が拡大している地域や経営状況が悪化している企業については、特例を設けるという。

【注目記事】わずか10坪で月商650万円を誇る『食堂かど。』。異例の「三毛作営業」が功を奏す

雇用調整助成金・休業支援金、5月から支給上限額縮減へ

雇用調整助成金の特例措置は、新型コロナウイルスの影響を受け、やむを得ず事業を縮小する事業主が従業員に支払う休業手当等の一部を助成する制度。現行の特例措置では、助成率が中小企業は最大10/10、大企業は最大3/4、1日当たりの支給上限額が15,000円となっている。さらに、大企業のうち、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置を実施している地域で時短営業に応じた大企業や、特に経営状況が悪化している大企業には助成率が最大10/10となる特例が適用されている。

今回の厚生労働省の発表では、5月以降、感染が拡大している地域や特に経営状況が悪化している企業以外は、助成率や支給上限額が引き下げられることとなる。これにより、中小企業の助成率は最大9/10、1日当たりの支給上限額は13,500円となる。また、休業手当の支払いを受けられなかった労働者が申請できる休業支援金も5月から縮減され、1日当たりの支給上限額が現行の11,000円から9,900円となる。

なお、7月以降は、雇用情勢が大きく悪化しない限り、原則的な措置、特例措置をそれぞれさらに縮減するとしている。5月以降の雇用調整助成金と休業支援金の原則的な措置については、下記の通りだ。

■雇用調整助成金(4月末までの措置→5月・6月の措置)
・助成率:中小企業・解雇あり4/5→4/5、中小企業・解雇なし10/10→9/10、大企業・解雇あり2/3→2/3、大企業・解雇なし3/4→3/4
・1日当たりの支給上限額:15,000円→13,500円

■休業支援金(4月末までの措置→5月・6月の措置)
・支給額:休業前賃金の8割→休業前賃金の8割
・1日当たりの支給上限額:11,000円→9,900円

画像素材:PIXTA

まん延防止措置適用地域・経営状況悪化企業は、特例対象

上記でも少し触れたが、5月・6月の間、まん延防止等重点措置対象地域で時短要請に応じている事業主(地域特例)と、生産指標が最近3か月の月平均で前(々)年同期比30%以上減少している事業主(業況特例)に対しては、特例が適用されることとなる。

なお、まん延防止等重点措置が適用されている地域では、まん延防止等重点措置が解除される月の翌月末まで特例が適用される。つまり、5月5日までまん延防止等重点措置が適用されている地域では、6月末まで地域特例が適用されるということだ。

地域特例・業況特例の条件に当てはまる事業主の助成率は、解雇を行う場合が4/5、解雇を行わない場合が10/10、1日当たりの支給上限金額は15,000円となっている。また、休業支援金についても、雇用調整助成金と同様の地域特例が適用され、1日当たりの支給上限金額が現行のまま11,000円となる。詳細は下記の通りだ。

■雇用調整助成金(地域特例・業況特例)
・助成率:解雇あり4/5、解雇なし10/10
・1日当たりの支給上限額:15,000円

■休業支援金(地域特例)
・支給額:休業前賃金の8割
・1日当たりの支給上限額:11,000円

画像素材:PIXTA

4月21日時点でまん延防止等重点措置が適用されている地域は、以下の通り。

・まん延防止等重点措置実施期間:4月5日~5月5日
宮城県:仙台市
大阪府:大阪市
兵庫県:神戸市、尼崎市、西宮市、芦屋市

・まん延防止等重点措置実施期間:4月12日~5月11日
東京都:23区、八王子市、立川市、武蔵野市、府中市、調布市、町田市

・まん延防止等重点措置実施期間:4月12日~5月5日
京都府:京都市
沖縄県:那覇市、宜野湾市、浦添市、名護市、糸満市、沖縄市、豊見城市、うるま市、南城市

・まん延防止等重点措置実施期間:4月20日~5月11日
埼玉県:さいたま市、川口市
千葉県:市川市、船橋市、松戸市、柏市、浦安市
神奈川県:横浜市、川崎市、相模原市
愛知県:名古屋市

5月以降、雇用調整助成金と休業支援金の支給額は、感染状況や経営状況に応じて変わることとなる。現在、第4波が来ている地域も多く、なかには緊急事態宣言の要請を検討している自治体もあるため、申請の際は、自店舗が置かれた状況を踏まえ、内容を確認するようにして欲しい。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
サトウカオル

About サトウカオル

グルメ、ライフスタイル、ITとさまざまなジャンルの執筆を経験。現在は、ポップカルチャー系のウェブサイトでグルメ関連の記事を執筆中。趣味は、料理とネットサーフィン。ネットで気になった料理を自分流にアレンジして食べるのが最近のマイブーム。