飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

PayPay利用者への特典充実! 「Yahoo! JAPAN」の飲食予約サービスがすごい

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『PayPayグルメ』に掲載されることで圧倒的集客を実現する、飲食店向け予約サービス『Yahoo!リザベーションマネージャー』。

新型コロナの感染拡大は収束しつつあるが、リモートワークの普及などに伴う生活様式の変化や、長きにわたる飲食店の時短営業などで、外食への動機を失いつつある消費者は少なくない。飲食店にとって厳しい時代は今後も続く可能性がある。

そんな今、飲食店に必要不可欠と言えるのが、これまで以上に費用対効果の高い強力な集客策だ。集客策にはさまざまなものがあるが、コストをなるべく抑えられること、ユーザーにとってわかりやすいメリットを提示できることも重要と言える。

この両方を満たすのが、現在利用店舗数が大きく伸びている『Yahoo!リザベーションマネージャー』というサービス。店舗管理ツールを使って集客から予約受付・管理までをワンストップで行える飲食店向け予約サービスだ。「PayPayグルメ」をはじめとする、Yahoo! JAPAN各種サービスと連携することで圧倒的な集客力を発揮する。さらに、初期導入費・固定費無料の「成果報酬型」を採用している点にも注目したい。

『Yahoo!リザベーションマネージャー』の予約管理画面。予約一覧はスマホからも確認できる

圧倒的多数のユーザーに働きかける『Yahoo!リザベーションマネージャー』の強みとは

お店の宣伝をしたいがターゲットの目になかなか止まらない。外食離れした客の動機付けになるようなお得な施策を自店だけで打ち出すのも難しい。とはいえ、販促にこれ以上コストはかけられない――。そうした悩みを抱えている飲食店事業者は少なくないだろう。

ずばり、『Yahoo!リザベーションマネージャー』最大のメリットは、圧倒的多数のユーザーへのアプローチと来店を促す強力な「お得感」のアピールが、低コストで実現できるという点にある。Yahoo! JAPAN各種サービスを利用するユーザーは約8,400万人(※Yahoo! JAPAN月間利用者数、2021年3月時点)いるが、契約店舗はこの圧倒的な母数を誇るユーザー層に対して、自店の認知を広げられるうえ、PayPayユーザーへのPayPayボーナス付与や、次回来店時に使えるクーポンの発行など、魅力的かつわかりやすい特典を提示できるのだ。以下に詳しく説明する。

■初期費用・固定費無料の成果報酬型。販促コストはミニマルに
初期導入費・固定料金・Yahoo! JAPAN各種サービスへの連携にかかる費用はすべて無料。ユーザーがネット予約を通じて来店したときのみ費用が発生する成果報酬型なので、ランニングコストも最小限で済む。

利用料はお客様が来店して初めて費用が発生する「成果報酬型」だから、コストに無駄がない

■約4,100万人のPayPayユーザーを惹きつける特典が充実
もちろん、機能・サービス面も充実している。お客様のネット予約時にPayPayでの事前決済を選択してもらうことでノーショーの抑止ができるほか、会計時の業務負担軽減も叶う。ちなみに決済金額ごとに店舗側に手数料が発生するものの、PayPay事前決済を導入する際の別途契約は不要で、初期費用は一切かからない。

また、PayPayユーザーのお客様にとって特にメリットの大きい、予約時のPayPayボーナス付与に伴う「いまスグ利用」や、次回来店時に使えるクーポンの発行、Go Toイートポイントなどによる事前値引きは、「この店ならお得に食事ができそう」という印象を与えるのに非常に有効なうえ、再来の促進にもつながる。こうした機能を無料で活用できるのは、飲食店にとって嬉しいポイントと言えるだろう。

さらにPayPayグルメやYahoo! JAPANトップページ、メルマガ等では、「20%OFF以上のプラン」、「お得な食べ放題プラン」など、さまざまなプランをピンポイントで紹介する特集を定期的に配信。現状では個店舗向きの特集は少ないが、掲載されれば、より多くのお客様に店舗を知ってもらうことができる。こちらも掲載料は無料だ。

付与予定のPayPayボーナスはすぐに利用できるから、ユーザーが次のアクションを起こしやすい

■確実な予約受付を多方面からサポートする機能
そのほか、24時間対応のネット予約のため営業時間外にも予約を受けられる、ピークタイムには自動音声の電話を利用でき、スタッフの労力を割かなくても当日予約を受け付けられるなどのメリットも。これまでネット予約サービスを利用していなかった飲食店においては、機会損失を削減することで、確実な集客アップに繋げていけるだろう。

また、『Yahoo!リザベーションマネージャー』は、『TORETA』、『Resty』、『ebica』、『お席トットくん』などのWeb予約台帳サービスとも連携している。それらの空席情報がリアルタイムに反映されるため、ダブルブッキングのリスクを心配する必要もない。

さらに、店舗の公式ホームページ上で使える「予約ボタン」や「予約カレンダー」を無料で作成することもできる。Yahoo! JAPAN各種サービスだけでなく、公式サイトからもネット予約を受け付けたいという飲食店にとってはうってつけだ。ちなみに公式サイト経由の送客手数料は無料となる。公式サイトに予約機能を設けるコストや手間も省けるのだ。

専用端末不要、パソコンやスマホから操作可能な手軽さも魅力

『Yahoo!リザベーションマネージャー』の利用開始の申し込みはインターネットから受け付けている。審査が電話で完了し、申し込みから予約受付スタートまで最短1日というのも、忙しい飲食店経営者にとってはメリットが大きい。

こうした予約サービスの管理・操作には専用端末が必要なことも少なくないが、『Yahoo!リザベーションマネージャー』は自店舗のパソコンやスマートフォンなどから操作できる。余計なコストをかけず、いつでもどこからでも利用できるのが強みだ。

導入しやすく使い勝手が良いのはもちろん、コストを極力抑えながらYahoo! JAPANやPayPayなどの圧倒的多数のユーザーにアプローチできるうえ、再来を促す施策も豊富な『Yahoo!リザベーションマネージャー』。これからの時代のニーズに沿った、費用対効果の高い集客策として検討してみてはいかがだろうか。
※コンテンツ上の画面は開発中のイメージ画像です

■「Yahoo!リザベーションマネージャー」に関するお問い合わせ・導入相談はこちらから

[提供] Yahoo! JAPAN

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。