飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店の「感染対策」、客が最も重視していることは? 3密回避、換気 etc...

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

新型コロナウイルスの感染が拡大して以降、私たちの暮らしは大きく変化した。コロナ禍生活も丸2年が過ぎようとしているが、いまだ油断できない厳しい状況が続いている。特に大きな影響を受けているのが、飲食店などを中心とする外食産業。なかでも個人経営者は都度求められるさまざまな感染対策に頭を悩ませていることだろう。

こんな状況でも可能な限り外食を楽しみたいという消費者は多いが、「感染対策の整った安心して利用できるお店」とは一体どんなものなのだろうか。抗ウイルスコート「Ninja Coat」の製造・販売を手がける株式会社ワカヤマは、全国20代~50代の男女を対象に「飲食店の除菌・抗菌事情」に関する調査を実施。今回はその結果を抜粋してご紹介する。

■調査概要
調査期間:2022年2月1日~2022年2月3日
調査対象:全国20代~50代の男女
調査人数:1,001名
調査方法:インターネット調査
※詳しい調査結果はこちら

【注目記事】飲食店向け「補助金・助成金」まとめ第3弾。新たな支援策も!

コロナ禍で外食頻度が激減。「月に1、2回」から「数か月に1回」に

まずは、コロナ禍以前にどれくらいのペースで外食をしていたかを聞いた。「月に1、2回程度」が最も多く28.7%。次いで「週1回程度(26.2%)」、「週に2、3回程度(15.4%)」と続いた。3割近くが「月1、2回程度」、または「週1回程度」と回答しており、頻繁に外食を楽しんでいたことがうかがえる。

一方、コロナ禍(感染者が多い時期)でどれくらいのペースで外食をしているかを尋ねると、最も多かったのは「数か月に1回程度(32.6%)」で、「月に2、3回程度(25.1%)」や「全く行かなかった(19.0%)」という回答も多い。以前に比べて大きくペースダウンしており、感染に対する警戒感の強さが浮き彫りとなった。

消費者の外食頻度はかなり減っている

お店選びの基準も変化。「人と接触しない」「短時間で済む」もポイント

次に、コロナ禍で店を選ぶ基準が変わったかを聞いた。「あまり変わらない」と「全く変わらない」を合計した割合は49.7%。対して「大きく変わった」と「多少変わった」を合計した割合は50.3%と半数を超え、多くの人がお店選びに変化があったことがわかった。

お店を選ぶ際に重視していることについては、「感染対策の徹底」が最も多く57.6%。次いで「店舗や従業員の清潔感(40.0%)」、「客数(3密の回避)(39.5%)」、「店内の席数(30.5%)」「個室の有無(25.9%)」と続いた。

やはり多くの消費者が感染対策の徹底を求めているようだ

具体的にどのような環境のお店を選んでいるのかを尋ねると、以下のような回答が寄せられた。

「個室があるところ、テイクアウトができるところ」(20代/女性/大阪府)
「食べ物の提供時間が早い店を選ぶようになった」(20代/女性/新潟県)
「1番は空いているか空いていないか、次にバイキングではないかどうか」(30代/女性/埼玉県)
「店内が広く、人が少ない時間帯にすぐ料理がくるような店」(40代/女性/福岡県)

できるだけ人と接触せず、短時間で食事を済ませられる環境のお店を選ぶ傾向にあるようだ。

飲食店の感染対策、「コロナが収束しても継続してほしい」が9割以上

続いて、お店の感染対策で特に徹底してほしいことを聞いた。「従業員のマスク着用の有無(マウスシールド等でない)」が最多で59.1%。そのほか「客席(テーブルやいす)の感染対策(40.4%)」や「トイレなどの共有スペースの感染対策(27.1%)」など、不特定多数の人が触れる場所の除菌を求める声も多かった。

感染対策の中では「従業員のマスク着用」が最も求められている

さらに、今後コロナが落ち着いたとしても衛生管理や感染対策の徹底を継続してほしいかを尋ねたところ、「とてもそう思う」と「ややそう思う」を合計した割合は91.2%と、多くの人が感染対策の継続を望んでいることがわかった。

「コロナが収束しても感染対策を継続してほしい」が9割以上

今回の調査で、消費者の外食機会が大きく減っていることがわかった。また、お店の選び方も「感染防止対策」を重視するように変化。「マスクの着用」や「アクリルボードの活用」といった見える部分だけでなく、不特定多数の人が触れる共有スペースの除菌など見えない部分まで徹底するよう求める声も多くあがった。「安心安全な環境で外食を楽しみたい」。そんな消費者の望みを叶えるために、今一度、自店の感染防止対策を見直してみてはいかがだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。