飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週3回配信)
powered by 飲食店ドットコム ログイン

全国旅行支援に予約殺到。割引率や飲食店利用クーポンに県独自の“上乗せ”行う自治体も

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

全国旅行支援が10月11日より東京都を除く全国で始まった。東京都も20日からの開始を予定している。大きな注目のなか、予約開始前から完売するサイトが相次ぎ、すでに受付を終了した自治体も出始めている現状。早くも混乱がみられる一方、飲食店などで使えるクーポンも配布されることから、期間中の外食需要の増加に期待が高まっている。

【注目記事】『sio』鳥羽周作シェフ「料理人としての原点に」。GIVEの精神でコロナ禍を生き抜く

開始直後から予約殺到し、すでに受付終了した旅行業者も

政府による観光需要の喚起を目的として開始された全国旅行支援。10月11日~12月20日の旅行代金(宿泊の場合は12月21日チェックアウト分まで)が、1人1泊あたり最大8,000円引きになり、また飲食店やお土産の購入に使用できる最大3,000円分のクーポンも配布される。利用は先着順で、新型コロナワクチンの原則3回接種、または陰性証明が必要になる。

支援金の予算は事業者・宿泊施設ごとに割り当てられており、開始初日から早々に予算を使い切り、終了を発表した自治体もすでに一部出てきている状況だ。予想を遥かに超える好調ぶりに、政府は追加の予算配分についても検討する方針を表明した。

飲食店等で使用できる独自クーポンなど、割引の“上乗せ”行う自治体も

全国旅行支援は「割引率最大40%(1人1泊あたりの割引上限額8,000円)」「クーポン最大3,000円配布(1人1泊につき)」が基本だが、割引率・割引上限額の引き上げや、クーポンの上乗せを独自に行う自治体もある。ここでは独自策を打ち出した各地のキャンペーンをいくつかピックアップして紹介していく。

▼島根県「しまね旅キャンペーン」
地域クーポン上乗せ:しまねプレミアム飲食店1,000円分を追加で配布

▼奈良県「いまなら。キャンペーン2022プラス」
割引上乗せ:割引率が10%上乗せの50%に

▼鹿児島県「今こそ鹿児島の旅・第3弾」
割引上乗せ:目的地が離島の場合、割引上限額が最大11,000円に
地域クーポン上乗せ:認証宿泊施設に平日宿泊した場合、1,000円分上乗せ
県独自制度:タクシー・レンタカー最大5,000円割引、遊び体験最大5,000円割引

画像素材:PIXTA

【注目記事】大阪『串かつだるま』、二度漬け禁止方式を変更。コロナ禍で食文化をどう守るか

全国旅行支援による国内の旅行需要の高まりに加え、11日からは外国人観光客の入国制限も撤廃され、今後はインバウンドの活性化が見込まれる。これらが追い風となり、外食需要はさらに高まっていくだろう。

今回の支援策については、今後政府からの予算の追加や、新たな自治体独自の制度が始まる可能性もある。各地の動きに引き続き注目していきたい。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週3回配信)
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店ドットコムが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。