飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店ドットコム ログイン

プラスチック新法施行から約半年。スタバやマクドナルドなどが導入する「紙ストロー」の課題

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

2022年4月1日、深刻化する海洋プラスチック汚染などの対策として「プラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律(プラスチック資源循環法)」が施行された。同法律は「プラスチック新法(新プラ法)」とも呼ばれ、幅広い産業で対応が求められることになった。

飲食業界はプラスチック新法の影響が大きい筆頭産業のひとつだ。飲食業界の国内外のリーディング企業の多くは同法律の施行前から様々な取り組みを行っており、いち早く成果と課題を明らかにしている。今回はその代表的な事例と、今後活用が増える可能性がある新素材について解説する。

【注目記事】飲食店の「DX化」、人気店の事例3選。『肉汁餃子のダンダダン』『松屋』ほか

チェーン店が仕掛ける「脱プラスチックストロー」の3つの事例

プラスチック新法では計12種類の製品が「特定プラスチック使用製品」に指定され、排出を抑制することが求められている。飲食店と大きく関わる製品としては、フォーク・スプーン・マドラー・テーブルナイフ・ストローが挙げられる。

特に「ストロー」は消費者にとっても身近なプラスチック製品であり、多くの企業が先進的な事例として取り組んでいる。

■マクドナルド
『マクドナルド』は「2025年末までに提供用容器包装類を再生可能・リサイクル素材に変更する」ことを目標に掲げている。そして2022年10月からは日本全国の店舗で紙ストローの順次導入を開始した。同社の紙ストローは、紙の味やノリの臭いを抑えるために約2年間、サプライヤーと研究開発を行ったという肝入りの製品だ。

消費者からは先進的で歓迎すべきという風潮がある一方、SNSなどでは「唇にくっつく」「感触が良くない」といったネガティブな声も少なくない。

■スターバックス
『スターバックス』は2021年9月から、フラペチーノの全商品に使われている口径の太いストローをすべて「FSCⓇ認証」の紙素材で提供している。同社はこれにより、年間約2億本分のプラスチックストローの削減につながると発表。2030年までに「廃棄物・CO2排出量を50%削減」という目標を掲げている。また2022年6月からは、店内利用のアイスドリンクを「フタなし」で提供するなど、全世界で取り組みを加速している。

『スターバックス』の紙ストローについても、その使用感などに対して不満の声は存在するが、イートインでのフタなし提供についてはポジティブな声が多く、これをきっかけにグラスやマグでの提供を選択する消費者も増えたという。市場では「社会に貢献する企業」としての認知も広がっている。

■ミスタードーナツ
『ミスタードーナツ』は『スターバックス』よりも早い2020年に紙ストローを導入した。しかし、当時から紙ストローは消費者に不評であり、現在はバイオマス素材の樹脂製ストローに切り替えている。

画像はイメージ。画像素材:PIXTA

【注目記事】『sio』鳥羽周作シェフ「料理人としての原点に」。GIVEの精神でコロナ禍を生き抜く

飲食店におすすめの新素材ストロー3選

前述した事例のいずれにおいても、現状は「紙ストロー」に対する不評が目立つ。使い心地の向上は今後の課題といえるだろう。家庭用であれば、洗って繰り返し使える金属やシリコンなどを素材としたストローも選択肢に入るが、飲食店で提供する場合は衛生面の問題が立ちはだかる。今後は「使い捨て可能」、「水に強い」といったことはもちろん、「口当たりがなめらか」、「飲み物の味を変えない」などの条件を満たす素材に需要が高まりそうだ。

では現状、飲食店で採用されている紙素材以外のストローにはどのようなものがあるのだろうか。以下に紹介する。

■バイオマスストロー
サトウキビやトウモロコシといった植物由来のバイオマスプラスチックを主原料とするプラスチックストローは、バイオマスならではの「カーボンニュートラル特性」によって焼却してもCO2の濃度に影響が少ないという特長を持つ。国内では『ミスタードーナツ』のほか、多くの飲食チェーンでも採用されており、従来のプラスチックストローの有力な代替製品だ。

■草ストロー
カヤツリグサ科の植物「レピロニア」の茎を原材料にしたストロー。水が染み込むと耐久性を増す素材でふやけにくく、口当たりも良好なのが特長だ。

■コーヒー豆ストロー
コーヒーを抽出した後の「コーヒーかす」を原料の一部に使用したストロー。紙ストローのように液体でふやけることはないが、原料であるコーヒーの香りがほのかに香るため、同じコーヒー系のドリンクに適している。

「食べられる」ストローも! 今後の代替製品に注目

ほかにも、製菓会社のブルボンからはストローのように「吸い上げる」機能をもたせたクレープクッキー「コロネクッキー」が業務用商品として販売されている。耐水性は「一定時間まで」とのことだが、カフェメニューのトッピングとして添えれば、消費者に新たな体験を提供できるだろう。

新素材の開発や可能性の研究とともに、今後も脱プラスチックに向けた新しい取り組みが行われると予想される。サステナビリティへの意識が高まる今、話題性という点でも引き続き注目していきたい。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。