ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

せんべろの聖地「立石」が再開発、「呑んべ横丁」の半数が立ち退きに。店主、住民らは何を思う?

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly
立石

立石の街を散策しながら、新しいまちづくりについて考える

葛飾区の京成立石駅周辺は、「せんべろの街」として区内外の人から親しまれてきた。「せんべろ」とは“1000円でベロベロに酔える”という意味で、リーズナブルな価格帯で飲食が楽しめることを表している。

立石は、大正時代からセルロイド工場の街として発展していったことや、荒川河川敷の工事で大勢の労働者が集まってきた時代背景があり、大衆向けの居酒屋が密集している。戦後はキャバレーや映画館、赤線、青線といった風俗も盛んであったため、街のいたるところにその風情が残っている。「昭和の雰囲気が漂う街」として映画やテレビドラマのロケでも使われる一方、狭い路地に古い木造住宅が密集していることから、地震での倒壊や火災事故での延焼のリスクが高く、駅周辺は再開発の計画が進んでいる。再開発は京成押上線を高架化する立体交差事業と連動しており、年内を目処に、「呑んべ横丁」の一部を含む線路沿いの建築物が撤去されることが決まった。

これを受けて、閉店する飲食店の関係者や立石住民らが集まり、9月14日に「呑んべ横丁祭り」が開催された。撤去間近の呑んべ横丁に別れを告げ、新しいまちづくりについて話し合う会である。そのレポートをお届けする。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
三原明日香

About 三原明日香

これまでに、百貨店の会報誌や、フリーペーパー、グルメ冊子、地域の経済新聞などで取材記事を執筆。社会保険労務士や年金アドバイザーの資格を持ち、人事労務の分野にも詳しい。趣味は都内のカフェめぐりで、とくにチョコレートには目がない。