ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

訪日外国人の飲食費が年間1兆円を突破。国籍別では英国が大きく伸びた一方、韓国は減少

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

観光庁が「訪日外国人消費動向調査」を発表。2019年の訪日外国人の消費額は4兆8,113億円、そのうち飲食費は1兆389億円だった。

訪日外国人の旅行消費額は4.8兆円。前年比6.5%増

2019年に日本を訪れた外国人旅行者が1年間で消費した金額は4兆8,113億円と推計。前年比は6.5%増で、7年連続過去最高を更新した。

国籍・地域別の訪日外国人の旅行消費額と構成比は、中国が1兆7,718億円(36.8%)、台湾が5,506億円(11.4%)、 韓国が4,209億円(8.7%)、香港が3,524億円(7.3%)、米国が3,247億円(6.7%)。上位5か国・地域で全体の71.1%を占める。また、タイが22.6%増の1,725億円、英国が38.8%増の1,000億円、米国が12.2%増の3,247億円と大きく伸びた一方で、韓国は8.4%減の4,209億円だった。

消費額の費目別構成比をみると買物代が最も多く、1兆6,668億円(34.6%)。次いで、宿泊費が1兆4,154億円(29.4%)、飲食費が1兆389億円(21.6%)、交通費が4,977億円(10.3%)だった。構成比は前年に比べて大きな変化はみられない。

画像素材:PIXTA

1人当たりの旅行支出は15万8,000円。飲食費は約3万円

訪日外国人(一般客)1人当たりの旅行支出は、前年同期比3.5%増の15万8,458円と推計される。国籍・地域別ではオーストラリアが最も高く、24万9,128円。次いで、英国(24万1,530円)、フランス(23万7, 648円)、スペイン(21万9,999円)、中国(21万2,981円)と続く。

費目別では買物代が最も高く、5万3,256円。次いで宿泊費(4万7,408円)、飲食費(3万4,713円)、交通費(1万6,641円)と続く。宿泊費は欧米豪で高い傾向がみられ、なかでも英国やフランス、オーストラリアが10万円超。買物代は中国が10万9,000円と突出して高かった。

飲食費だけでみると、英国が6万2,180円、オーストラリアが6万1,747円、フランスが5万9,290円、スペインが5万7,976円、イタリアが5万1,824円の順で高かった。

外食産業市場規模25兆円のうち訪日外国人の消費が1兆円と、かなりの割合を占めていることがわかった。東京オリンピック・パラリンピック期間は訪日外国人がさらに増加するはずだ。集客機会の損失にならないよう、上のデータをもとに1人当たりの支出を増やすための戦略を立て、インバウンド対策をしっかりとやっていきたい。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。