ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

【ルーキーズ・スナップ 】Vol.1 『壁の穴』新沼 南さん ~活気づくりを大切に~

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

和やかな笑顔が似合う新沼さん

飲食店で働く看板スタッフをご紹介していく当企画「ルーキーズ・スナップ」。第一回目となる今回は『壁の穴 渋谷道玄坂小路本店』の新沼 南さんを取材。仕事へのこだわりについて教えていただきました。

【PROFILE】
名前:新沼 南さん
趣味:映画鑑賞
特技:料理(特にオムライス!)
チャームポイント:笑顔
休日の過ごし方:自分の部屋で過ごす
好きな異性のタイプ:優しくて責任感のある人
将来の目標:東北で『壁の穴』を開く!
得意な仕事内容:パスタ作り
お店のおすすめポイント:たらこスパゲッティ発祥のお店!
お仕事のやりがい:お客様を身近に感じながら仕事ができること

「大変さ」ではなく「活気」を演出

新沼さんは、ホールもキッチンもこなすマルチプレイヤー。料理を作るところからお客様の席へ料理を運ぶところまでを行い、ランチやディナーといった混雑時には、キッチンとフロアを行き来することも多いのだとか。そんな多忙な中で常に意識しているのは、忙しさを表に出さずに、店が盛り上がっているような活気ある店づくりを行うこと。「バタついたり、早口になったりしないように、平常心を持ちながら接客をするよう心掛けています」。

丁寧でわかりやすいメニュー紹介の風景

お悩み相談室:「先輩後輩とうまく付き合えません」

---編集部にこんなお悩みが届いています。新沼さんならどう解決しますか?

Q.先輩と後輩がいる中間の立場にいるのですが、後輩からは距離をおかれた態度をとられ、先輩からは怒られる日々です。人間関係を良好にする秘訣はありますか?

A.「人間関係を良好に保つために私が考えていることは、スタッフ同士で常にコミュニケーションをとること、そして人によって臨機応変に対応することです。たとえば、後輩に仕事面できついことを言ったとしても、そのあとに軽く言葉を投げかけてケアをします。先輩からの言葉は、自分の成長のために言ってくれると思って、まずは受け止めて実践します。そのあと、アドバイスの理由を自分なりに考えて、納得できるものがあれば積極的に取り入れるようにしています」(新沼さん)

---先輩と後輩それぞれにあった対応が大切ということですね。本日はありがとうごました!

取材した『壁の穴』はたらこスパゲッティ発祥のお店

『壁の穴 渋谷道玄坂小路本店』
住所/東京都渋谷区道玄坂2-25-17 カスミビル 1F
電話番号/03-3770-8305
営業時間/11:30~L.O.22:00(土日祝11:00〜)
定休日/無休
席数/35席
http://www.kabenoana.com/

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
小川迪裕

About 小川迪裕

フリーランスライター・編集者。ファッション誌の編集を経験後、アウトドア、フード、健康などの記事を執筆。趣味が高じて、オートキャンプインストラクターの資格を取得。カルチャー教室「イオンカルチャークラブ」にて教室を主幹。そのほか、ポッドキャスト番組「ワンコと一緒にくるま旅」のパーソナリティも務める。