飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店の永遠の課題「離職率低下」へ、ワンダーテーブルの挑戦。6つの取り組みに学ぶ

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

株式会社ワンダーテーブル 取締役 戸田史朗氏

飲食業界特有の事情に「従業員の離職率が高い」という問題がある。仕事を覚えて重い責任を負うようになった社員に転職されると短期的には経営効率が下がり、長期的には企業の核となる人材が育ちにくくなる。こうした問題から業界内部でも離職率を低くする試みを行う企業は少なくない。

飲食企業に勤める正社員の平均的な勤続期間「5年以上」は33%

しゃぶしゃぶ・すき焼きの『モーモーパラダイス』『鍋ぞう』、シュラスコ料理の『バルバッコア』、ビアバルの『YONA YONA BEER WORKS』、台湾で展開しているイタリアン『BELLINI CAFFE』など多くの店舗を運営する株式会社ワンダーテーブル(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:秋元巳智雄)は、社員の離職率低下に向けて積極的な取り組みを行なっている。

まず離職率に関するデータを見てみよう。「飲食店.COM」が飲食店経営者に対して行ったアンケート調査によると、正社員の平均的な勤続期間が「5年以上」と答えた飲食店は32.8%に過ぎなかった。一方、ワンダーテーブルの正社員の平均的な勤続年数は7.5年だという。

「特にここ2、3年は新卒社員も入れていますので、その中で7.5年というのは比較的長い数字かなとは思います」(同社取締役 戸田史朗氏、以下コメントはすべて同氏)。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
[PR]
松田 隆

About 松田 隆

青山学院大学大学院法務研究科卒業。ジャーナリスト。スポーツ新聞社に29年余在籍後にフリーランスに。「GPS捜査に関する最高裁大法廷判決の影響」、「台東区のハラール認証取得支援と政教分離問題」等(弁護士ドットコム)のほか、月刊『Voice』(PHP研究所)など雑誌媒体でも執筆。ニュース&オピニオンサイト「令和電子瓦版」を主宰:https://reiwa-kawaraban.com/