飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週3回配信)
powered by 飲食店ドットコム ログイン

飲食店の「サブスクリプションモデル」導入事例5選。あらゆる業態に「定額制」が浸透中

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

定額制サービス(=サブスクリプションモデル)を導入する飲食店が市民権を得てきている。2019年4月1日には、愛知県名古屋市に全国で初めて、月額定額制モーニングを提供する『IZUMI-CAFE』がオープンした。『IZUMI-CAFE』は名古屋ならではのモーニングでサブスクリプションモデルを導入したが、その後、こうしたモデルはさまざまな飲食店で見られるようになった。実際にどのような店舗が導入しているのか、その事例をいくつか紹介していきたい。

さまざまな飲食店で見られるようになったサブスクリプションモデル。実際にどのような店舗が導入しているのか、その事例をいくつか紹介していきたい。

そもそもサブスクリプションモデルとは?

そもそもサブスクリプションモデルとは、モノではなく、利用期間に対して料金が設定されたサービスのこと。音楽業界などでよく聞かれるサービスだが、ここ数年、飲食業界にもその波が押し寄せてきている。

サブスクリプションモデルは、毎月一定の売上を確保できるのがメリットで、上手く利用すれば売上の変動をカバーするのにも役立つだろう。また、飲食業界では珍しいサービスということもあり、メディアなどで取り上げられる機会も多い。そのため、宣伝効果が狙え、新規顧客やリピーター獲得にも有益だとされている。

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

サブスクリプションモデルの事例

では、現在サブスクリプションモデルを導入している飲食店は、どのようなサービスを提供しているのだろうか。定額制のコーヒー店などが話題になったが、最近ではラーメン店や、居酒屋、ワインバーなど幅広い業態が取り入れているほか、大手飲食チェーンの導入例もある。さっそく、どんなサービスを提供しているのか見ていこう。

■coffee mafia 有明 (コーヒー マフィア アリアケ)
東京・新宿でスタートした、月額定額制コーヒースタンド。現在は江東区有明に店舗を移して営業している。月額会員コースは、マイボトルを持参する「マイボトルプラン」(3,000円)、「手ぶらプラン」(4,500円)、ビールや飲み放題プランなどがメンバー価格となる「ディナープラン」(550円)、対象ドリンクが無料となる「プレミアムプラン」(6,800円)の4プラン。そのほか「毎月5杯プラン」(980円)、「毎日1日プラン」(1,980円)やお得な4種類のチケットも用意されている。
・料金……月額550円、3,000円などプランを豊富に用意

■ラーメン凪 田町店
東京や神奈川、千葉など首都圏を中心に店舗を展開するラーメン店。いわゆる二郎インスパイヤ系のこってりスープが特徴だ。同店のサブスクリプションは、アプリでパスポートを購入する仕組み。各店舗でアプリの画面を見せると、「豚骨野郎」「汁無し野郎」「味噌野郎」のいずれか1杯が食べられる。パスポートは月額8,600円で、12杯を食べると元が取れる。
・料金……パスポート8,600円

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

■サーティワンアイスクリーム
全国に店舗を展開するサーティーワンアイスクリームの「サーティーワンサブスク」。プランは、1か月間毎日好きなフレーバーアイスと交換できる「31日間サーティワンチャレンジ」と、毎月変わるおすすめのアイスを毎月1個楽しめる「Flavor of The Month」の2種類。午前0時になるとアプリに表示される無料チケットをレジで提示すると、店頭でアイスがもらえる仕組み。全国どこの店舗でもOK。
・料金……「31日間毎日サーティワンチャレンジ」5,980円、「Flavor of The Month」1か月 359円

■Provision(プロヴィジョン)
東京・六本木にある会員制のフレンチワインバー。1か月の間に何度来店しても、旬の食材を使ったフレンチやワインなどを月額料金で楽しめる。通常のUnisonプランのほか、キャビアやフォアグラ、トリュフなどの高級食材を含むすべてが月額会費内で楽しめるDe Luxeの2つのプランを用意。どちらも4名まで利用できる。
・料金……Unison(4名まで)55,000円、 De Luxe(4名まで)88,000円

■ビストロ酒場 CRAFT×CRAFT
東京・赤羽にある居酒屋。「ビストロ酒場」というだけあって、カジュアルな雰囲気の中で美味しい料理が堪能できる。ビール好きにはたまらないのが、毎日1杯ビールが飲める定額会員コース。国産樽生クラフトビール日替り6種が毎日1杯無料で飲める「日替わり6種樽生ビール毎日1杯無料券」と、全タップ(樽)の中から毎日好きなビールが2か月間毎日飲める「2カ月間毎日1杯全タップお好きなビール無料券」の2タイプを用意している。
・料金……「日替わり6種樽生ビール毎日1杯無料券」2,980円、「2か月間毎日1杯全タップお好きなビール無料券」5,500円

一部の業態に限らず、様々な業態に広がりを見せている飲食店のサブスクリプションモデル。今回紹介したような飲食店が独自に行うサービスのほか、複数の店舗が加盟するサービスも登場し、導入の敷居は低くなってきていると言える。広く親しまれてきた今、興味がある店舗は、導入を検討してみてはいかがだろうか。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週3回配信)
サトウカオル

About サトウカオル

グルメ、ライフスタイル、ITとさまざまなジャンルの執筆を経験。現在は、ポップカルチャー系のウェブサイトでグルメ関連の記事を執筆中。趣味は、料理とネットサーフィン。ネットで気になった料理を自分流にアレンジして食べるのが最近のマイブーム。