飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
powered by 飲食店.COM ログイン

【今週の飲食業界ニュース】事業復活支援金創設、食トレンド大賞2021ほか

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

最近の飲食業界に関するニュースの中から、特に注目度の高いものを5つピックアップしてご紹介。忙しくてチェックする時間がなかったという方も、これを読んで業界の最新トレンドをおさえておこう。

【注目記事】地元客に愛され坪月商58万円を達成。西荻窪『サイコロ』が貫く“楽しむ”姿勢

「食トレンド大賞2021」は、お米や小麦粉の代わりに食べる“オートミールごはん”

クックパッドが、2021年を象徴する食・料理を選出する「食トレンド大賞2021」を発表。大賞には、検索頻度が2年間で9.4倍伸びた「オートミール」を米の代替食品として活用する「オートミールごはん」が選ばれた。

コロナ禍によるステイホームをきっかけにダイエットや健康を意識する人が急増。昨年から低糖質で食物繊維が豊富な「オートミール」が注目を集めていたが、今年はチャーハンやリゾットなどにアレンジして楽しむ人が増えた。そのほか、イタリア発祥のスイーツ「マリトッツォ」をはじめ、「プロテインおやつ」「調理家電で時短ごはん」「食で楽しむ季節のイベント」「バタフライピー」「進化系フライドチキン」が入賞。

牛肉価格の高騰を理由に『いきなり!ステーキ』『吉野家』が値上げ

ペッパーフードサービスが運営するステーキ専門の飲食店チェーン『いきなり!ステーキ』が、昨今の牛肉価格の高騰を理由に、12月1日より主力ステーキメニューの販売価格を値上げした。値上げの対象となるのは、グリルチキンとハンバーグ以外のメニュー。看板商品の「ワイルドステーキ」は150gが880円から1,045円、200gが1,133円から1,408円に。300gは1,419円から1,804円となり、約400円値上げされた。

最近ではほかに、大手牛丼チェーンの『吉野家』が、輸入牛肉の価格高騰に加え、原油高によって物流費がかさむこと、さらにテイクアウト需要の増加に伴い包装材のコストが上昇していることを理由に、10月29日に主力メニューの販売価格を改定。「牛丼並盛」は387円から426円、「朝牛セット小盛」は437円から481円に値上げされた。

画像素材:PIXTA

【注目記事】コロナ禍の飲食店を支援する「事業再構築補助金」。事例から申請の方法まで徹底解説

都の接種証明アプリ「TOKYOワクション」の運用がスタート

11月1日より、東京都のワクチン接種証明アプリ「TOKYOワクション」の運用が本格的に開始された。ワクチン接種記録を登録すると飲食店などで特典を受けられるもので、「TOKYOワクション」の LINE公式アカウントを友だち登録し、本人確認書類と接種記録の画像をアップロードすることで、アプリ上でワクチン接種済みであることを示すことできる。

運用開始から1か月ほど経つが、登録者数は都内全体の数%にとどまっており、アプリの存在自体を知らない人も多い。まずは認知度を高めることが最優先課題になりそうだ。

2021年の居酒屋倒産は過去30年で2番目の多さ。コロナ関連が約6割

東京商工リサーチが、2021年1~11月の飲食業倒産(負債1,000万円以上)は累計596件(前年同期比24.7%減)であることを発表。そのうちコロナ関連倒産は275件と約半数(構成比46.1%)を占めた。

業種別では、日本料理店や中華料理店、ラーメン店、焼肉店などの「専門料理店」の159件(前年同期比17.1%減)が最多。次いで、「酒場・ビヤホール(居酒屋)」が137件(同15.4%減)、「食堂・レストラン」が111件(同39.6%減)と続いた。居酒屋は、過去30年間では2020年同期(162件)に次ぐ2番目の多さとなっている。また、137件のうちコロナ関連倒産は80件で、約6割(構成比58.3%)を占めた。

画像素材:PIXTA

2021年度の補正予算案が決定。コロナで売上が減少した飲食店に「事業復活支援金」

政府は臨時閣議会議で新たな経済対策などを盛り込んだ2021年度の補正予算案を決定。一般会計は約36兆円にのぼり、補正予算としては過去最大となる。そのうち中小企業関係の予算は3兆8,594億円で、新型コロナの影響で売上が減少した事業者への支援として、「事業復活支援金」が創設された。

対象者は2021年11月から2022年3月のいずれかの月の売上高が50%以上または30%〜50%減少した中堅・中小・小規模事業者、フリーランスを含む個人事業主で、上限額は法人が最大250万円、個人が最大50万円。なお、開始時期は「補正予算成立後、所要の準備を経て申請受付開始予定」となっており、詳細は未定。

相変わらずコロナ関連のニュースが多いが、新たな支援金制度が創設されたりと悪い内容ばかりではない。オミクロン株の感染が国内で確認されるなど、まだ油断できない状況が続くが、こうした支援策をうまく活用して安心安全な店舗運営に取り組みたい。

この記事は役に立ちましたか?
はい いいえ
Pocket
follow us in feedly
飲食店.COM通信のメール購読はこちらから(会員登録/無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。