ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

居酒屋ヒットメーカー・小嶋崇嗣氏の新店『座魚場 まるこ』の全貌

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

株式会社コジマ笑店代表取締役の小嶋崇嗣氏

2つの観点から読み解く『座魚場 まるこ』の可能性

世界貿易センタービルの建て替えを控え、大きく変貌を遂げようとしている浜松町。羽田空港と浜松町駅をつなぐ東京モノレールの発着駅もあり、増え続けるインバウンドに寄せられる期待も大きい。

そんな街の中でひときわ賑わいを見せる店がある。それが『座魚場 まるこ』だ。浜松町駅の南口から徒歩3分ほどの場所だが、首都高速の近くでビジネス街の端にあるため、立地はそれほど良いとはいえない。それにもかかわらず、2019年3月5日のオープン以来、ファンを増やし続け、ビジネスパーソンを中心に多くの客が足を運ぶ。

手掛けたのは稀代の居酒屋ヒットメーカーである株式会社コジマ笑店・代表取締役の小嶋崇嗣氏だ。同氏は宇野隆史氏が率いる楽コーポレーションを卒業後、吉祥寺で『呑・喰・燃じぃま』をオープン。その後、『まんまじぃま』『酒呑気まるこ』『まるこセンター高円寺』、そして『炉端酒場 だぃつ』と展開を続けるが、その出店エリアは吉祥寺から高円寺、渋谷、青森県八戸市と幅広い。また、店舗のキラーコンテンツも野菜豚巻き串や炉端焼き、クラフトビールにタコスとそれぞれ違う。それでもすべての店舗を地域に根付かせ、ヒットを飛ばす。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
三輪大輔

About 三輪大輔

歓楽街情報誌や放射線技師専門誌、歯科衛生士の求人誌などを経て、2014年に独立。現在、『月刊 飲食店経営』の編集委員をつとめるなど、外食業界の取材を精力的に行う。これまでインタビューをした外食企業の経営者は100名を超える。