ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店がテイクアウト・デリバリーを始めるには? 許可・申請からシール表示、集客アプリまで

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

テイクアウトの集客にはWebやアプリサービスがおすすめ

来店したお客だけでなく、幅広くテイクアウトの集客をしたいなら、テイクアウト専用のWebやアプリを活用するのがおすすめ。ポスターによる店頭での告知や、地域へのポスティングと比較して、継続して集客を見込むことができる。代表的なサービスをいくつか紹介していこう。

■LINEポケオ
2019年4月にスタートした、LINEが手掛けるテイクアウトサービス。LINEアプリ上で店舗の検索や注文を行うことが可能で、2020年までに3万店舗の導入を目指しているという。店内が混雑した際には受付を一時的に止めることもできるなど、店舗側に配慮した機能もついている。
・公式サイト……LINEポケオ

■楽天テイクアウト
『CoCo壱番屋』『大戸屋』など、有名チェーン店を含め約1,500店が登録(2019年9月時点)。客側は注文によって楽天スーパーポイントが貯まるなどのメリットがある。
・公式サイト……楽天テイクアウト

■PICKS
25~45歳の男女がメインユーザーとなっているテイクアウトアプリで、店側はスマホさえあれば注文の受付から決済、受け渡しまで対応可能。ポイント制度や現在地情報を活用した店舗検索など、集客効果が期待できるサービスも導入されている。なお現在、10店舗未満の法人はサービス利用手数料が“無料”。気軽にテイクアウトサービスを導入できる。
・公式サイト……PICKS

■menu
地図アプリと連動した機能で、近くのテイクアウト店を検索することができる。スマホで注文受付から決済までを済ませられ、店側もタブレットで情報が管理できるためオペレーションの軽減にもつながる。
・公式サイト……menu

■テイクアウトナビ
テイクアウトサービスに特化したサービス。初期費用や月額固定費用がかからず、発生するのは売上に応じた手数料のみとなっているため、低コストで導入・運用することが可能である。アプリを通じての注文となるため、顧客は注文しやすく飲食店にとってもオペレーションの効率化を図ることができる。
・公式サイト……テイクアウトナビ

■iToGo
端末にインストールするネイティブアプリに加え、Webアプリからもアクセスが可能。アプリから注文ができ、事前決済や店頭決済にも対応。お得なクーポンを配信できるなど、リピーター確保のための機能も充実。
・公式サイト……iToGo

■EPARKテイクアウト
掲載店舗数は、全国で3,300店以上(2019年9月時点)。エリア、駅名、予算などから店舗を検索でき、パソコンやスマホから簡単にネット予約が可能。
・公式サイト……EPARKテイクアウト

画像素材:PIXTA

人手が確保できない場合は、デリバリー代行サービスの利用も

デリバリーを始める際、自前で配達機能を持たない場合は、デリバリー代行サービスを利用するのも選択肢の一つ。手数料等の費用はかかるが、サイトやアプリに登録することで、認知度や集客力が高まるだけでなく、通常の営業に支障をきたさずにデリバリーサービスを展開することができる。代表的なサービスとしては、以下のものが挙げられる。

■Uber Eats(アプリ)
世界500以上の都市でサービスが提供され、日本では東京・大阪・名古屋など大都市圏を中心に利用が可能。エリアは限定されるが、知名度が高い、初期費用がかからないといったメリットがある。
・公式サイト……Uber Eats

■ファインダイン
“地元レストランの料理を出来たてのままお届けする”をコンセプトに、2006年4月にサービスを開始。今年4月に10周年を迎えた。宅配寿司の業界シェアトップ「銀のさら」を展開するライドオンエクスプレスが運営する。
・公式サイト……ファインダイン

■楽天デリバリー
宅配ピザやお寿司など、全国で10,000店舗以上が登録(2019年9月時点)。エリアで検索すれば、ジャンルや待ち時間などから店舗を比較することもできる。
・公式サイト……楽天デリバリー

10月からスタートする軽減税率制度により、ますます注目を集めているテイクアウトとデリバリー。今後、飲食店が売上を伸ばすための大きな鍵になるので、販路拡大を目指す店舗は、ぜひ導入を検討してみてはいかがだろうか。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
熊本憲一

About 熊本憲一

出版社時代に、グルメガイドやレシピ本などの取材・編集を多数経験。フリーランスとして独立後は、撮影も行う取材ライター、編集者・Webディレクターとして活動中。現在は、企業の広報やPR、コンテンツディレクションを行うほか、自身も飲食店での調理・接客経験あり。