ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

【新型コロナ】飲食店の倒産、2020年は過去最多。居酒屋業態に大きなダメージ

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

新型コロナウイルスの感染拡大により、多くの飲食店が苦境を強いられた2020年。外食大手でも閉店や業態転換を行う企業が相次ぐなど、厳しい状況が続いている。そんななか、企業の信用調査やマーケティングなどを行う「帝国データバンク」が、2020年の飲食店事業者の倒産動向に関する調査結果を発表した。今回はその結果を紹介していく。

【注目記事】「来店客の8割がインスタ経由」の肉バルに聞く、コロナ禍でも強い飲食店のSNS活用術

過去最多、780件の飲食店が2020年に倒産

帝国データバンクの発表によると、2020年の飲食店事業者の倒産件数は780件。これは、これまで過去最多となっていた2019年の732件を超える倒産件数だ。

飲食店倒産の倒産推移(出典:帝国データバンク)

業態別に倒産件数の内訳をみてみると、最多となったのが「酒場・ビヤホール」。全体の24.2%を占める189件もの店が倒産を余儀なくされた。こうした背景には、飲み会を始めとするビジネス利用の減少や、地方自治体による夜の時短営業要請などが影響していると考えられる。

これに続くのが、「中華・東洋料理店」(105件)、「西洋料理店」(100件)、「日本料理店」(79件)だ。「酒場・ビヤホール」、「日本料理店」、「喫茶店」(68件)に関しては、2000年以降で過去最多の倒産件数となっている。

業態別件数内訳(出典:帝国データバンク)

さらに、倒産した飲食店事業者を負債額別にみてみると、最も多かったのが「5,000万円未満」で全体の79.5%(620件)を占めている。次いで、「5,000万円~1億円未満」(86件)、「1億円~5億円未満」(61件)と続いており、小規模な飲食店ほど、苦しい状況に追い込まれているようだ。負債額が50億円以上の倒産は、2013年以降発生していない。

負債額別件数内訳(出典:帝国データバンク)

11都府県で緊急事態宣言が発令。 飲食店にとって厳しい状況が続く

2020年の飲食店の倒産動向を振り返ったが、2021年に入ってからも依然として状況は芳しくない。昨年10月に始まったGoToイートにより客足が徐々に回復した飲食店もあったが、現在は第3波の影響で、政府から消費者に対し、GoToイートのポイントや食事券の利用を控えるよう呼びかけが行われている。

さらに、東京都では1日の感染者数が1,000人を超える日が続き、1月7日には、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県の1都3県に対して緊急事態宣言が発令された。さらに1月13日には大阪府・京都府・兵庫県など7府県にも緊急事態宣言が出され、今後も宣言地域が増える可能性がある。

2021年も新型コロナウイルスの影響が続いているが、政府や自治体は感染拡大の影響を受けた飲食店が利用できる補助金や助成金などを拡充しているほか、今回の緊急事態宣言で時短要請に協力した店舗に対し協力金を支給する予定だ。飲食店は、こうした支援制度などを活用しながら、なんとかこの苦境を乗り越えて欲しい。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
サトウカオル

About サトウカオル

グルメ、ライフスタイル、ITとさまざまなジャンルの執筆を経験。現在は、ポップカルチャー系のウェブサイトでグルメ関連の記事を執筆中。趣味は、料理とネットサーフィン。ネットで気になった料理を自分流にアレンジして食べるのが最近のマイブーム。