ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

『養老乃瀧』がロボット酒場をオープン。AI搭載の接客ロボットがドリンクを提供

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

『ゼロ軒めロボ酒場』で実際に導入するロボット

大手居酒屋チェーン『養老乃瀧』とロボティクス・サービス・プロバイダーのQBIT Roboticsが、外食業界で深刻化する人手不足の解消、そして人とロボットが協働できる現場オペレーションの開発のためにロボット運用の実証実験を開始すると発表した。

【この記事にも注目】飲食店経営者におすすめの業務効率化ツール9選。売上管理、レシピ管理、シフト管理 etc...

ロボットがカウンターで働く『ゼロ軒めロボ酒場』

『養老乃瀧』がQBITとともに、居酒屋におけるロボット運用の実証実験を行う。1月23日(木)~3月19日(木)の約2か月間、JR池袋駅南口にある『一軒め酒場』店内に、ロボットがカウンターで働き、来店客をもてなす『ゼロ軒めロボ酒場』を開店する。

提供メニューは「ロボ生ビール」「スコッチハイロボール」「ロボレモンサワー」などの6品。ロボットは客から注文を受け、ドリンクを作り提供する。さらに、客の性別や年齢、表情などを識別するカメラと連携、AIを用いて適切な話しかけや手を振るなどの接客も行う。また、客のリアクションも識別し、「笑顔」と「売上」を評価ポイントとして、接客の良し悪しを学習。ロボット自身の接客スキルも日々向上させていく。

写真はイメージ。画像素材:PIXTA

ホールスタッフの労力を軽減。0.1~0.3人/日で店舗営業できる見込み

QBITの接客ロボットは、注文を受けてからドリンクの提供までをロボットが担当するため、ホールスタッフの労力軽減が期待できる。実際に人手が必要となるのは主に開店・閉店作業や食材補充のみとなり、0.1~0.3人/日程度で店舗営業できる見込みだ。

『養老乃瀧』とQBITは、実証実験前後の比較を行い、実店舗におけるロボット活用の有効性を検証。ホールスタッフの稼働をどの程度軽減できるのか、収益性から検討し多店舗展開が可能なのかなど、ロボットを用いた酒場ビジネスの本格展開に向け、両社で協議を開始するという。

『養老乃瀧』の先進的な取り組み

『養老乃瀧』といえば、創業1938年の老舗居酒屋チェーンでありながら、先進的な取り組みに積極的だ。2017年からは毎年「養老乃瀧ハッカソン」を主催している。「ハッカソン(hackathon)」とは、ソフトウェアのエンジニアリングを指す「ハック(hack)」と「マラソン(marathon)」を組み合わせた造語で、プログラマーやデザイナーなどから編成される複数の参加チームが、マラソンのように数時間から数日間、時間を徹してアイデアや成果を競い合う開発イベント。「養老乃瀧ハッカソン」では、「居酒屋×IoT」をテーマに実施し、終了後に最優秀賞をはじめとした各賞を決定している。

『ゼロ軒めロボ酒場』で良い結果が出れば、接客ロボットを導入する店舗が増え、深刻化している外食業界の人手不足も多少は和らぐかもしれない。2か月後の結果が楽しみだ。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
上條真由美

About 上條真由美

長野県安曇野市出身。ファッション誌・テレビ情報誌の編集者、求人ライターを経て独立。インタビューしたり執筆したり、平日の昼間にゴロゴロしたりしている。肉食・ビール党・猫背。カフェと落語が好き。