ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店のデリバリーって本当に儲かるの? 「UberEATS」利用店が語るリアル事情

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

Photo by iStock.com/BalkansCat

海外では人気サービスとして定着しつつあるオンラインの配達サービス。日本でも少しずつ普及が始まるなかで、飲食店のデリバリー業務を代行する「UberEATS(ウーバーイーツ)」が上陸したのは記憶に新しい。

当初は渋谷区、港区などの都内中心部のみ利用可能であったが、継続的に提供エリアを増やしており、昨年9月29日のサービス開始より現在は約1.5倍にエリアを拡大。さらに昨年12月12日より事前予約機能を追加、一部レストランの注文受付開始時間を従来の午前11時から午前10時に変更と、より活用しやすくなった。

デリバリーサービスは飲食店の販路を広げる意味でもとても興味深いサービスだが、実際のところはどうなのだろうか。「UberEATS」に登録しているレストラン『恵比寿 ガパオ食堂』の高橋朋也さんにリアルな事情を伺った。

この続きは「飲食店.COM」へ
無料会員登録すると読むことができます。

『Foodist Media』は「飲食店.COM」が運営する飲食業界向けのWebメディアです。
無料会員登録をすれば、サイト内のすべての記事を読むことができます。

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
逆井マリ

About 逆井マリ

フリーライター。音楽、アニメ、ゲーム、グルメ、カルチャー媒体などに取材記事を執筆。現在の仕事に就く前に、創作居酒屋、イタリアン料理店での業務経験あり。写真は大好きなアイスランドで撮影したもの。