ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
powered by 飲食店.COM ログイン

飲食店の新型コロナウイルス対策。最新ニュースから「支援情報」まで

LINEで送る
Pocket
follow us in feedly

画像素材:PIXTA

新型コロナウイルスの影響により、外食業界は大きな打撃を受けている。4月7日には7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に緊急事態宣言が発令。東京都の飲食店には営業時間の短縮が要請されるなど、その影響はますます大きくなりつつある。日々、状況が変わる中で、飲食店が生き残るためには何が必要なのか。ここでは、新型コロナウイルスに関連する記事を一覧として紹介。今後の店舗運営にぜひ役立ててほしい。

今日のトピックス(2020年12月3日更新/他社メディアより)
・都内求人倍率は10月横ばい1.19倍、宿泊や飲食厳しく(日本経済新聞/2020年12月2日)
・最多業種は飲食店、11月20日時点の新型コロナウイルス関連の倒産は723件に(@DIMEアットダイム/2020年12月1日)
・埼玉県が時短要請を正式決定 飲食店、落胆広がる(日本経済新聞/2020年12月2日)

■新型コロナウイルスに関連する「最新ニュース」

・【新型コロナ】居酒屋の倒産件数が過去最多に。東京・大阪が深刻か(2020年11月30日更新)
例年であれば年末にかけて書き入れ時を迎えるはずの居酒屋だが、依然として新型コロナウイルス感染収束の見通しが立たず、さらに第3波が襲来。「Go Toイート」をきっかけに期待されていた客足回復ムードは一気に冷え込むこととなった。そんな中、>>>記事の続きを読む

・飲食店の「応援消費」約3割が経験あり。ホットペッパーグルメ外食総研が調査(2020年11月30日更新)
リクルートライフスタイルの外食市場調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」が、飲食店や生産者の支援を目的とした「応援消費」の実態を調査した。コロナ禍で厳しい状況が続く飲食店が多い中、消費者は応援消費にどのような考えを>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店への時短要請は応じるべき? コロナ第3波への対策を考える(2020年11月26日更新)
新型コロナウイルス感染拡大の第3波が襲来。東京をはじめとした一部地域で営業時間の短縮要請が出るなど、飲食店にも大きな影響を与えている。この状況でできることは何だろうか? 飲食店の今後の対応策について考えていきたい。すでに東京都や>>>記事の続きを読む

画像素材:PIXTA

■飲食店が活用できる「融資・補助金・助成金」について

・【新型コロナ】雇用調整助成金の特例措置が12月まで延長。上限は日額15000円を継続(2020年8月31日更新)
厚生労働省は8月28日、「雇用調整助成金」の特例措置を年末まで延長することを発表した。いまだ新型コロナウイルスの感染拡大は収まらない状況で企業業績の回復のめどが立たず、今後も失業者の増加が懸念されるためだという。「雇用調整助成金」>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の感染対策をサポート。持続化・ものづくり補助金の「事業再開枠」とは?(2020年8月7日更新)
新型コロナウイルスの感染が、再び拡大しつつある。こうしたなか、東京都では8月3日から酒類を提供する飲食店等に対し、時短営業を要請している。要請に応じた飲食店に対しては、20万円の協力金が支給されるが、感染防止対策への取り組みが条>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】東京都が飲食店に独自の家賃補助。国の「家賃支援給付金」にさらに上乗せ(2020年7月15日更新)
東京都は7月9日、新型コロナウイルス対策を強化するため、総額3,132億円の補正予算案を発表。14日より申請の受付がスタートした国の「家賃支援給付金」に、都が上乗せして家賃補助を行う「東京都家賃等支援給付金」に440億円を計上した。「東>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】家賃支援給付金、7月14日から受付スタート。申請方法は?(2020年7月8日更新)
7月14日より、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の延長などによって売上が減少した事業者を支援する「家賃支援給付金」の申請受付がスタートする。「家賃支援給付金」は事業者の事業継続を下支えするため、地代・家賃の負担を軽減すること>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の金融支援、約4割の店舗が「スムーズに申請できない」と不満(2020年6月30日更新)
新型コロナウイルスの影響を受け、多くの飲食店が給付金や助成金、補助金を利用している。弊社では、飲食店経営者や運営者を対象に、政府や自治体などが実施する金融支援の利用状況についてアンケート調査を実施。以前(5月15日~5月20日)にも>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の支援情報が探せるリンク集。国・地方自治体の取り組み編(2020年6月10日更新)
5月25日に緊急事態宣言が全面解除され、街の活気が少しずつ戻ってきた。しかし、新型コロナウイルスの警戒が続く都心部などでは依然として客足が戻らず、売上回復に苦労している飲食店も多いようだ。ここでは国や地方自治体の支援策が掲載されて>>>記事の続きを読む

・飲食店の支援の実情を『ウルトラチョップ』高岳氏に聞く。廃業防ぐには「キャッシュの確保」(2020年6月5日更新)
緊急事態宣言が5月25日に全面的に解除されたが、新型コロナウイルス禍で倒産・廃業する店舗は、今後も増えることが予想される。それらを免れるためには行政の支援を効果的に利用する必要がある。飲食店予約サービス「ビスポ!」の株式会社Bes>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の固定費負担を軽減する「家賃支援給付金」が6月下旬より受付開始(2020年6月1日更新)
政府は5月27日、2020年度第2次補正予算案を閣議決定。今回の予算案には飲食店の家賃負担を軽減する「家賃支援給付金」も盛り込まれた。これを待ち望んでいた飲食店経営者は多いのではないだろうか。現在、飲食店には様々な支援策が示されている>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の金融支援、約75%の店舗が「持続化給付金」を利用(2020年5月28日更新)
新型コロナウイルスの影響により、飲食店では通常の売上を確保することが困難になり、政府や地方自治体、企業などが実施する金融支援を利用する店舗が増えている。弊社では、飲食店経営者や運営者を対象に、新型コロナウイルスに関する金融支援の>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店に最大200万円給付、「持続化給付金」の申請受付が開始。申請方法は?(2020年5月7日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大によって、売上に多大な影響を受けている事業者を支援する「持続化給付金」の申請受付が5月1日より開始された。「持続化給付金」は事業の継続を下支えし、再起の糧となるよう事業全般に広く使える給付金。今年1月>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】東京都の「感染拡大防止協力金」、飲食店が申請するには?(2020年04月24日更新)
東京都は4月22日から、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策で、休業や営業時間短縮の協力要請に応じた飲食店に支給する「感染拡大防止協力金」の申請受付を開始した。支給額は、単独店舗の事業者の場合は50万円、複数店舗を持つ場合は100万円。>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の雇用を守る! 社労士が解説する「雇用調整助成金」申請の流れ(2020年04月22日更新)
新型コロナウイルスの影響により、外食業界は大きな打撃を受けている。4月7日には7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に緊急事態宣言が発令。東京都の飲食店には営業時間の短縮が要請されるなど、その影響はますます大>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】東京都がテイクアウト・デリバリーを始める飲食店に最大100万円を助成(2020年04月20日更新)
新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛などの影響で、多くの飲食店が客の大幅減少に悩まされている。東京都では緊急対策として、営業時間短縮などの協力要請に応じた飲食店に協力金を支給することを決めたが、さらに、テイクアウトやデリバリ>>>記事の続きを読む

・【第2弾】飲食店が活用できる新型コロナ関連の「融資制度・補助金・助成金」(2020年04月09日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大により、政府は4月7日、東京など7都府県に対し緊急事態宣言を発令。これを受け東京都では、飲食店の営業時間短縮や居酒屋の休業を要請するとしている。多くの飲食店にとって厳しい状況が続いているが、こうした現状>>>記事の続きを読む

・飲食店が活用できる新型コロナウイルス関連の「補助金・助成金」は?(2020年03月13日更新)
2月中旬、政府は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ目的で、国民に「不要不急の外出を控えるように」と呼びかけた。かねてからの影響もあり、2月に入って以降、外食をする人の数は激減。多くの飲食店は業績が下降、苦境に立たされている。3月>>>記事の続きを読む

画像素材:PIXTA

■「テイクアウト・デリバリー・通販」に関する情報

・グルメ通販で月商350万円越え。第二創業期で『羊SUNRISE』が目指す、羊業界の躍進(2020年7月29日更新)
緊急事態宣言により外出自粛が呼びかけられた今年の春以降、数多くの飲食店が新たな取り組みに乗り出した。テイクアウトメニューやデリバリーサービスの他、通販に活路を見出したお店も少なくないだろう。国内外の幅広い羊肉を取り揃え2016>>>記事の続きを読む

・飲食店が「ネット通販」を始めるときの注意点。営業許可は必要? 販売サイトは?(2020年6月8日更新)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、飲食店にとって厳しい状況が続く中、この苦境を乗り越えようとネット通販を始める店舗が増えつつある。新たな販路として期待している飲食店も多いと思うが、ネット通販を始めるには別途許可が必要となる場合>>>記事の続きを読む

・飲食店のテイクアウト、夏場は「食中毒」に注意。予防3原則に基づいた対策方法(2020年5月29日更新)
新型コロナウイルスの影響で、テイクアウト販売を始めた店舗も多いだろう。テイクアウトは調理から客が食べるまで時間が空くため、いつも以上に衛生面に気を配らなければならない。特にここ最近は気温が上昇し、食中毒のリスクがさらに高まってい>>>記事の続きを読む

・イートイン営業中止も売上は9割をキープ。鮫洲『バッカ』の生き残り戦略(2020年5月25日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大によって、外食業界は大きな打撃を受けている。営業時間の短縮、一時休業などの厳しい決断を迫られる中、生き残りをかけて独自の取り組みを行っている飲食店も多い。鮫洲の人気店『ピッツェリア バッカ ムニカ』もそ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】テイクアウトで注文殺到、甲府『Ajito』が実践する「ある戦略」(2020年04月20日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大で外食業界は大きな打撃を受け、一時的に休業する事業者も少なくない。そのような状況下、山梨県のバーベキュー専門店『アメリカンBBQダイニングAjito』(甲府市、代表:滝口幸孝)が、客との接触をなるべく減らす>>>記事の続きを読む

・新型コロナの影響により飲食店の8割が売上減。「テイクアウト」の販促術を徹底リサーチ(2020年04月10日更新)
新型コロナウイルスの影響は日に日に拡大し、4月7日にはついに緊急事態宣言が発令。外出を自粛する動きがさらに強まり、飲食店はますます厳しい状況に追い込まれつつある。この状況を救う一手としてテイクアウト・デリバリーが注目されている>>>記事の続きを読む

・新型コロナ対策として余剰食材を販売する飲食店も。販促に活用できるサービスは?(2020年04月16日更新)
新型コロナウイルスの影響で外出自粛が余儀なくされる中、集客面で大きな打撃を受けている飲食業界。今月7日に出された政府の緊急事態宣言を受け、営業短縮を短縮、もしくは休業という苦渋の決断をした店舗も少なくないだろう。この事態で売上の>>>記事の続きを読む

・飲食店のテイクアウト・デリバリー事業への支援、続々と。「新型コロナ」影響で(2020年03月31日更新)
新型コロナウイルスの影響により飲食店が苦境に立たされている。客足が遠のき、売上が減少している店舗も少なくないだろう。そんな状況の中で、飲食店が売上を立てる一手として注目されているのがテイクアウト・デリバリーだ。導入店舗が増えて>>>記事の続きを読む

・飲食店はテイクアウト・デリバリーに商機。新型コロナ影響で「巣ごもり消費」広がる(2020年03月06日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外出を自粛する人が増えている。外食を控える動きも広まり飲食店は大きな打撃を受けているが、一方で「巣ごもり消費」の需要が高まっており、テイクアウトやデリバリーが好調だ。3月、4月は宴会シーズン>>>記事の続きを読む

『いづも池袋』の「567(コロナ)をぶっ飛ばせ!」キャンペーン

■飲食店の取り組みを取材

・うどんの新境地に挑み人気店へ。大阪『青空blue』の業態づくりに迫る(2020年11月18日更新)
大阪・淀屋橋に本店を構えるうどん専門店『青空blue』は、2014年のオープン以来、新進気鋭のうどん店として注目を集めてきた。従来のうどんは麺の食感やのど越し、だしの風味などで語られてきたが、同店が提供しているのは、自家製粉の粗挽き小>>>記事の続きを読む

・地元客に愛され坪月商58万円を達成。西荻窪『サイコロ』が貫く“楽しむ”姿勢(2020年11月13日更新)
コロナ禍が居酒屋業態の売上に大きな打撃を与えている現在。しかし、地域密着型の店には売上の減少を食い止めているところも少なくない。この状況下では、地元の常連に愛されることが強力なアドバンテージとなっているのだ。そこで話を聞いたの>>>記事の続きを読む

・わずか10坪で月商650万円を誇る『食堂かど。』。異例の「三毛作営業」が功を奏す(2020年10月29日更新)
コロナ禍で夜営業のみを行っていた居酒屋などの飲食店が、新規顧客開拓に向け昼営業を始めたケースは少なくない。しかし、昼と夜では客側のニーズも異なるため、昼営業を軌道にのせることに苦心する飲食店オーナーも多いだろう。そんな中、昼は>>>記事の続きを読む

・大阪・福島の『ポルチーニ』が繁盛し続ける理由。「学び続けることで未来を切り開く」(2020年10月20日更新)
JR大阪駅から大阪環状線でひと駅の福島は、街の再開発によってここ十数年で飲食店が増え、オシャレな雰囲気の中でリーズナブルに旨いものをいただける居酒屋やバル、ビストロなどがひしめくエリアとなった。今となっては大阪のグルメ激戦区とし>>>記事の続きを読む

・コロナ禍も坪月商40万円をキープ。幡ヶ谷のイタリアン酒場『SUPPLY』が人気の理由(2020年10月7日更新)
新型コロナウィルス感染拡大防止策の一環でこの春、政府より緊急事態宣言が発出された。飲食店は休業、その後も営業時間の短縮が要請され厳しい状況が続いた。そんな中、営業は午後10時までと東京都の営業時間短縮要請に応じつつも、7月、8月と>>>記事の続きを読む

・ウラなんば『焼とんyaたゆたゆ』、注力してきた「人材育成」がコロナ禍の強みに(2020年9月28日更新)
コロナ禍の飲食店では、スタッフの出勤日数や勤務時間を減らして営業する店も増えつつある。そこで課題となっているのが、スタッフのモチベーションをどのように維持していくか。集客に苦戦し、普段より活気を失ってしまった店、またその影響で収>>>記事の続きを読む

・飲食店の“密”回避に有効!? 『お食事処 asatte』の「ダイナミックプライシング」導入記(2020年9月24日更新)
飲食店のランチといえば、ランチ用のメニューを決まった価格で提供するのが当たり前。しかし、渋谷区千駄ヶ谷にある『お食事処 asatte(アサッテ)』(以下、asatte)では、時間帯によってランチの価格を変えているのだ。スーパーなどではフード>>>記事の続きを読む

・福岡『鮨料理 一高』、新たなファン獲得して躍進。店主・木宮氏「コロナは良い転機」(2020年9月18日更新)
福岡市中央区、市民の憩いの場として知られる大濠公園の近くにある『鮨料理 一高』。2019年にオープンして以来、瞬く間にグルマンたちの間で話題となった人気店だ。外食業界が厳しい状況に置かれながらも、ますます勢いを増す同店。その理由を探>>>記事の続きを読む

・新宿三丁目の老舗『池林房』、コロナ禍は長期化を覚悟も「必ず客は戻ってくる」(2020年9月8日更新)
近年、オシャレなカフェや開放的なバル、気軽にお酒を飲めるBARなどが所狭しと軒を連ね、多くの人で賑わう新宿三丁目エリア。2013年に東京メトロ副都心線と東急東横線が相互直通運転を始めてからは、以前にも増してふらりと立ち寄る若者たち>>>記事の続きを読む

・「withコロナ時代」の宴会スタイルで売上回復。『板前DINING 斬』の“攻め”の改革(2020年9月3日更新)
新型コロナウイルスの影響により、売上や客足の減少といったあおりを受けた飲食店は数知れない。感染リスクへの対策に、従来とは異なる施策を始めた店舗も多いことだろう。築地で10年以上愛されている創作居酒屋『板前DINING 斬』は、今回の騒>>>記事の続きを読む

・サローネグループが挑むパスタ通販。高級レストランが見出した新たな勝機に迫る(2020年8月27日更新)
横浜本店『サローネ2007』のほか、都内に4店舗(『サローネ トウキョウ』、『イル テアトリーノ ダ サローネ』、『ビオディナミコ』、『ロットチェント』)、大阪に1店舗(『クイントカント』)を展開するサローネグループ。それぞれ個性溢れる>>>記事の続きを読む

・大阪『串かつだるま』、二度漬け禁止方式を変更。コロナ禍で食文化をどう守るか(2020年8月27日更新)
新型コロナウイルスの影響で、従来の提供スタイルを変更せざるを得なくなった飲食店も多いだろう。例えば複数人で大皿の料理をシェアするスタイルは、食事中に飛沫が入って感染リスクが高まることが懸念されるため、個別に提供するなどの対策が取>>>記事の続きを読む

・高級フレンチがビリヤニを販売!? 大崎『アロム』のテイクアウト戦略がスゴい!(2020年8月25日更新)
大崎にある人気フレンチ店『レストラン アロム』。岡部一己総支配人は新型コロナによる影響を「2月末から3月までに160人のキャンセルがありました」と振り返る。緊急事態宣言を受け、4月14日から26日まで営業を自粛。永瀬友晴シェフと「4月な>>>記事の続きを読む

・コロナを機にさらに進化する大阪『(食)ましか』。目指すは「食のプラットフォーム」(2020年8月19日更新)
新型コロナウイルスの流行は外食業界に大きな打撃を与えているだけでなく、従来の飲食店の在り方を変えてしまうとも言われている。実際、テイクアウトにはじまりデリバリー、お取り寄せなど、多くの店がイートイン以外のサービスを充実させるよう>>>記事の続きを読む

・『カオカオカオ』新井氏の3つの戦略。コロナ禍でも攻めの出店、その理由とは!?(2020年8月18日更新)
いまだにコロナ禍によるダメージが抜けきらない外食業界。そんな中、新井勇佑氏が代表取締役をつとめる『タイ屋台999(カオカオカオ)』は、2020年7月9日に6店舗目となる日比谷グルメゾン店をオープンした。年内にさらに2店舗の新規出店を考え>>>記事の続きを読む

・「来店客の8割がインスタ経由」の肉バルに聞く、コロナ禍でも強い飲食店のSNS活用術(2020年7月14日更新)
新型コロナウイルス感染症の影響で、社会情勢が大きく変化している昨今。緊急事態宣言解除後も、飲食店の「経営が苦しい」という声は後を絶たない。そんな中、集客の手段として改めて注目されているのが、インスタグラムやツイッター、フェイスブ>>>記事の続きを読む

・神楽坂『タルタルギーナ』、禁じ手テイクアウトで売上維持。店の存続かけて闘った2か月(2020年7月13日更新)
新型コロナ禍の中で「一時休業」という選択をした飲食店は多い。しかし、神楽坂にある『トラットリア ラ・タルタルギーナ』では社員にもアルバイトにも給料を全額払いたいと考えた。それを実現するには営業を続けるしかない。そこでオーナーシ>>>記事の続きを読む

・“最強”居酒屋『おじんじょ』のアフターコロナ。危機を乗り越えたポジティブシンキング(2020年7月9日更新)
食の街・恵比寿で有数の人気を誇る居酒屋『晩酌屋おじんじょ』(運営:株式会社5way kitchen)も新型コロナウイルス禍の直撃を受けた。しかも4月上旬に渋谷に2号店を出すタイミングと重なった。しかし、代表取締役・高丸聖次氏はポジティブシ>>>記事の続きを読む

・神田の名物「逆クレーム居酒屋店主」、コロナ禍の不満をぶちまける!(2020年7月2日更新)
新型コロナウイルスの影響により、およそ2か月間にわたって時短営業や休業を余儀なくされた飲食店。特に長時間「密状態」になりやすい居酒屋業態は、“店を開けるも地獄、閉めるも地獄”とばかりに、経営の先行き不安に頭を抱えていた。「ここま>>>記事の続きを読む

・『The Burn』米澤文雄シェフが考える「アフターコロナに求められる飲食店」(2020年7月1日更新)
「オープン以来、連日ほぼ満席(70席)で、忙しくさせていただいてきました」。米澤文雄シェフは、コロナ以前の様子をこう振り返る。ところが、3月23日の、三密を避ける行動を要請する小池都知事の記者会見終了後、キャンセルの電話が鳴り続け>>>記事の続きを読む

・コロナ禍でも「居酒屋文化守る」。三軒茶屋『赤鬼』、安心して語らえる酒場へ(2020年6月23日更新)
厚生労働省による新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」の実践例として、食事の際は「料理に集中、おしゃべりは控えめに」という項目がある。しかし料理を味わうだけでなく、その店でしか過ごせないひとときを楽しむことが外食の醍醐味>>>記事の続きを読む

・一つ星『ラペ』松本一平シェフ、「コロナ禍だからこそできることに挑戦する」(2020年6月15日更新)
日本橋室町にあるミシュラン一つ星のフレンチ『La Paix』(以下ラペ)。新型コロナウイルスの影響で3月後半からキャンセルが出てきたものの、それほど売上は下がらなかった。しかし、海外のコロナ情報を知るにつけ、「4月はキャンセルが増える>>>記事の続きを読む

・コロナと闘う、渋谷『酒井商会』の苦悩と葛藤。「正解なんて誰にもわからない」(2020年6月3日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、都道府県知事による休業要請を受け、多くの飲食店が休業または営業時間を短縮した。ところが、緊急事態宣言が全面解除される5月26日までの間、1日しか休まなかった店がある。割烹居酒屋『酒井商会』>>>記事の続きを読む

・イタリア料理界の重鎮『アクアパッツァ』日髙良実シェフが語る「コロナとの闘い」(2020年5月27日更新)
4月1日から自粛休業していた『リストランテ アクアパッツァ』(港区)が、5月15日に営業を再開した。同店は、イタリア料理界のレジェンド、日髙良実シェフが経営するイタリアレストラン。通常営業をテイクアウト専門に切り替えた飲食店が多い>>>記事の続きを読む

・“最強”レモンサワーで人気の『素揚げや』、「最強」の経営判断でコロナ危機を回避(2020年5月21日更新)
2月2日に閉店しなければ、20万円の家賃に、コストをかけて集めた店長を含むスタッフの人件費がかかってきていた。そのタイミングで新型コロナウイルス禍が襲いかかっていたら、どうなっていたのか。今回、持続化給付金など国や都から総額400万>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】暗闇のゴールデン街で『配信酒場 閑古鳥』羽ばたく。新時代への“夜間飛行”(2020年5月1日更新)
約200軒のバー・スナックが集まる新宿ゴールデン街は4月上旬から新型コロナウイルスの感染拡大防止策のためほとんどの店が休業している。歌手のギャランティーク和恵さんが経営する『Snack 夜間飛行』も自粛要請に従って休業。代わってオンラ>>>記事の続きを読む

・『sio』鳥羽周作シェフ「料理人としての原点に」。GIVEの精神でコロナ禍を生き抜く(2020年04月27日更新)
新型コロナウイルスの影響で飲食店が苦境に立たされている中、爆速で動き回っているのが『sio』の鳥羽周作シェフである。外出を自粛している人向けに、いち早くレシピの無料公開をしたり、オンラインサロンで料理教室を始めたり、フレンチシェフ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】三つ星『HAJIME』米田肇氏が飲食店の救済を求め署名活動(2020年04月13日更新)
収まる気配が見えない新型コロナウイルスの感染拡大の中、三つ星レストランのオーナーシェフが発起人となって3月29日に署名活動を始めた。感染拡大防止のため売上減少もしくは休業した場合に発生する固定費(家賃)と雇用者の給与の補助を政府に>>>記事の続きを読む

・「567(コロナ)をぶっ飛ばせ!」で売上維持。『いづも池袋』が貫いた攻めの姿勢(2020年04月07日更新)
新型コロナウイルスの影響で、苦境に立たされている外食業界。そんな中、池袋の大衆酒場『いづも 池袋』の567円飲み放題キャンペーン「567(コロナ)をぶっ飛ばせ!」が注目を集めている。新型コロナウイルスによる不況に立ち向かう同店の施策>>>記事の続きを読む

■新型コロナウイルスに関する「アンケート調査」

・飲食店の「DX」事情をアンケート調査。ウィズコロナ時代に有効なテクノロジーとは?(2020年11月19日更新)
猛威を振るい続ける、新型コロナウイルス。ウィズコロナ時代へと突入し、飲食店のあり方も大きな変化を遂げ始めている。そんな中、注目を集めているのが、テクノロジーの力を用いてビジネスを変革させる“DX(デジタルトランスフォーメーション>>>記事の続きを読む

・ぐるなびが「Go Toイート」の利用実態を調査。居酒屋でのキャンペーン利用が最多(2020年11月12日更新)
政府の飲食店支援策「Go Toイートキャンペーン」がスタートして約1か月が経った。株式会社ぐるなびは、20代~60代のぐるなび会員を対象に同キャンペーンの利用実態を調査。今回はその結果を詳しくご紹介する。まずは、これまでに「Go Toイー>>>記事の続きを読む

・約6割の消費者が「テイクアウト・デリバリー」をきっかけに店内飲食を経験。SARAHが調査(2020年10月30日更新)
コロナ禍における巣ごもり需要の増加により、テイクアウトやデリバリーを始める飲食店が増加している。そんな中、グルメアプリSARAH(サラ)を手掛ける株式会社SARAHが「テイクアウト・デリバリーと店内飲食の関係性」を調査。今回は、その結>>>記事の続きを読む

・客の約6割が「飲食店でマスクの置き場に困る」と回答。ホットペッパーグルメ外食総研が調査(2020年10月2日更新)
リクルートライフスタイルの外食市場調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」が、消費者に対して飲食店を利用する際に衛生面で自ら行っている対策や最近の外食時の印象についてのアンケートを実施した。今回はその結果を詳しくご紹>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店選び、4割の消費者が「店の衛生管理」を重視。ぐるなびが調査(2020年9月17日更新)
9月15日、東京都は23区内の酒類を提供する飲食店に出していた時短営業の要請を終了した。さらに、これから「Go Toイートキャンペーン」が始まることもあり、今後の外食利用増加に期待を寄せている飲食店も多いだろう。そこで今回は、株式会社ぐ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の52%が「団体客が減った」と回答。7月以降の経営状況を調査(2020年8月17日更新)
緊急事態宣言の解除後、東京都は飲食店への休業や営業時間短縮の要請を3段階で緩和。6月19日にすべての制限が解除され、通常営業が可能となった。しかし、7月に入り全国の感染者数はこれまで以上に増加。東京都では8月3日より、再び酒類を提供>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】消費者の多くが飲食店に「厳密な衛生管理」求める。Retty調査で明らかに(2020年6月11日更新)
全国で新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が解除されたが、2か月近い外出自粛と、自治体からの営業時間短縮や休業要請などにより、飲食店は大きなダメージを受けている。今後、客足・売上回復の見込みはあるのだろうか。日本最大級の実名口>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】緊急事態宣言後の飲食店にアンケート調査。75%が金融支援を受ける意向(2020年04月30日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府は4月7日に緊急事態宣言を発出。4月16日には、対象を7都府県から全国へと広げた。政府より「不要不急の外出は控えるように」との呼びかけもあり、外出を自粛する人は増加。それに伴い、飲食店では収益>>>記事の続きを読む

・新型コロナウイルスと戦う外食業界。6割の飲食店が売上減も「明けない夜はない」の声(2020年03月19日更新)
新型コロナウイルスの影響により、外食業界は大きな打撃を受けている。政府が2月16日に不要不急の外出を控えるよう呼びかけてから早一か月。いまだ収束の目途が立たない現状に、多くの飲食店が不安を抱えている。今、外食業界で何が起きている>>>記事の続きを読む

画像素材:PIXTA

■その他、新型コロナウイルスに関するニュース

・【新型コロナ】東京都、飲食店に時短要請へ。Go Toイートの食事券発行も一時停止(2020年11月25日更新)
Go Toイートキャンペーンなどで客足や売上が回復しつつある中、新型コロナの第3波が来襲。感染は急速に拡大しており、再び飲食店に営業時間の短縮を要請した地域も出ている。今回は、国内で特に新規感染者が多い都道府県の動きをご紹介する。>>>記事の続きを読む

・Go Toイート開始から1か月半、飲食店に実情を取材。予約サイトの集客効果は!?(2020年11月20日更新)
Go Toイートキャンペーンが開始して1か月半。農水省は、早くもオンライン予約サイトを通じたポイント付与事業の順次終了を発表した。すでに予算額に達する見込みとなったことが終了の理由だが、実際のところ、飲食店の集客にはどのような影響を>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go Toイート「ポイント付与事業」終了へ。飲食需要は今後どうなる?(2020年11月17日更新)
農林水産省は11月13日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた飲食店を支援する施策「Go Toイートキャンペーン」のポイント付与事業について、予算上限に達するとして近く終了することを発表。これに伴い、大手グルメサイトが相次いで新>>>記事の続きを読む

・「FOODIT TOKYO 2020」開催。「飲食DX」でウィズコロナ時代を生き抜く(2020年11月9日更新)
10月19日、トレタ主催の「FOODIT TOKYO 2020」が開催された。飲食業界の最新動向や飲食店のテクノロジー活用について議論する場として毎年開催されている同イベント。今回は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、初のオンラインでの実施>>>記事の続きを読む

・忘年会の店選び、75.7%が「感染防止対策」重視。三密避け夕方開催を望む声も(2020年11月6日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大により私たちの日常は大きく変化した。新しい生活様式が定着し多くの店舗が感染防止対策をとるようになった中、もうすぐ飲食業界は書き入れ時である年末を迎えようとしている。日本フードデリバリー株式会社は、昨年>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go Toイート「食事券」、東京は11月20日から。飲食店が加盟するには?(2020年11月5日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大で大きな影響を受けている飲食業界を支援するための施策「Go To Eatキャンペーン」。その一環である食事券事業が全国で順次開始されている。農林水産省の委託を受けた「Go To Eat Tokyo 食事券発行共同事業体」>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】ロイヤルHDが希望退職200人募集。飲食店の雇用、今後どうなる?(2020年10月28日更新)
ロイヤルホールディングスが27日、社員の希望退職を募ることを発表した。対象となるのはグループ内各社に勤務する50~64歳までの正社員。200人ほどの人員を削減するという。ロイヤルホールディングスは新型コロナウイルスの感染拡大による影響>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の倒産件数、上半期ベースで過去最多。「居酒屋業態」が深刻か(2020年10月26日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大で、苦境に立たされている飲食業界。10月からGo Toイートキャンペーンが始まったものの、上半期に続いた自治体からの休業要請や時短営業要請などにより、疲弊している店舗も多い。そんな中、企業の信用調査やマーケ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go Toイート、消費者の利用意向をRettyが調査。感染リスク懸念する声も(2020年10月23日更新)
10月1日より、農林水産省が主導する「Go Toイートキャンペーン」がスタートした。飲食業を対象とし、期間を限定した官民一体型の需要喚起キャンペーンで、プレミアム食事券の発行とオンライン飲食予約の利用によるポイント付与の2つの事業を展>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】会食時における感染事例、主な原因は「発症者との距離の近さ」(2020年10月22日更新)
国立感染症研究所(感染研)は10月12日、「一般的な会食」における集団感染事例を公表。これは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)クラスター対策班として、35都道府県で発生したのべ120事例について都道府県・管轄保健所とともに行った>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店が行う酒類のテイクアウト、来年3月まで販売可能に(2020年10月19日更新)
国税庁は10月9日、飲食店での酒類のテイクアウト販売が可能になる「料飲店等期限付酒類小売業免許」の期限を2020年12月31日まで延長すると発表。さらに、申請書類などを提出して審査が通れば、2021年3月31日まで期間を延長できるとした。>>>記事の続きを読む

・飲食店の「サブスク」導入を助けるサービス5選。コロナ禍の売上確保にも(2020年10月15日更新)
新型コロナウイルスの影響を受ける飲食店が多い中、“強い”とされているのがしっかりと常連客を掴んでいる店だ。常連客を獲得する施策としては、ポイントカードや割引券の配布などがあるが、昨今は「サブスクリプションサービス(サブスク)」にも>>>記事の続きを読む

・売上80%でも利益を残すには? コロナ禍の飲食店経営を数字から考える(2020年10月13日更新)
コロナ禍で売上が下がっている店舗、コロナ前の売上になかなか戻らないという飲食店も多いだろう。今回は、売上が減少する中で利益をいかに確保していくか、その方法を考えていきたい。業態や立地にもよるだろうが、直近では前年の70~80%程>>>記事の続きを読む

・「トリキの錬金術」問題を受け、Go Toイートから少額飲食が対象外に(2020年10月9日更新)
居酒屋チェーンの『鳥貴族』で、1品のみを注文して「Go Toイート」のポイントを荒稼ぎする人が続出。これを問題視した政府は、少額飲食をキャンペーンの対象外とすることを発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で売上減少などの影響を受けて>>>記事の続きを読む

・ワタミが居酒屋120店を『焼肉の和民』へ。コロナ機に飲食店の業態転換が加速(2020年10月8日更新)
居酒屋チェーン大手のワタミは10月5日、居酒屋から焼肉店へ業態転換すると発表した。新型コロナウイルスの影響で居酒屋の売上が落ち込む一方で、焼肉店は徐々に回復しており、今後も成長の可能性があると判断。同社のメインブランドである居酒屋>>>記事の続きを読む

・「Go Toイート」ついに始まる。飲食店がキャンペーンに参加・登録するには?(2020年10月5日更新)
飲食業に向けた期間限定の経済政策「Go Toイートキャンペーン事業」がついにスタートした。まだ参加について検討中の飲食店も多いと思われるが、ここではそうした店舗に向けてキャンペーンへの参加条件や参加方法などについて改めて紹介していき>>>記事の続きを読む

・コロナ禍で消費者に求められる飲食店とは? ホットペッパーグルメ外食総研が発表(2020年9月30日更新)
新型コロナウイルスの影響により、外食産業の在り方は大きく変化した。多くの飲食店は苦境に立たされながらも、それぞれのやり方でコロナ禍を戦っている。そんな中、外食産業の研究・調査を行う「ホットペッパーグルメ外食総研」が、オンラインセ>>>記事の続きを読む

・まもなく「Go Toイート」スタート、飲食店の本音は? 「格差広がる」という指摘も(2020年9月25日更新)
飲食業界向けの経済政策「Go Toイートキャンペーン事業」がいよいよスタートする。飲食店および食材を供給する農林漁業者を支援するための取り組みだが、飲食店にはどのように受け止められているのだろうか。都内に店舗を構える3つの飲食店を取>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go Toイート「ポイント事業」が10月からスタート。飲食店の募集も開始!(2020年9月23日更新)
農林水産省は9月15日、新型コロナウイルスの感染拡大によって売上に大きな打撃を受けている飲食店の支援を目的とした「Go Toイートキャンペーン」のうち、インターネット予約でポイントを付与する事業について、参加飲食店の募集を開始した>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】東京23区の時短営業要請が15日に解除。Go Toイート「食事券」も実施へ(2020年9月15日更新)
東京都は、23区内の酒類を提供する飲食店やカラオケ店へ要請している午後10時までの営業時間短縮について、予定通り9月15日に解除する。都は9月10日、新型コロナウイルスに関するモニタリング会議を開き、感染状況に関する警戒度を最も深刻>>>記事の続きを読む

・コロナ禍の飲食店経営に必要なフードテックは? 「新しい生活様式」への対応も万全に(2020年9月14日更新)
新型コロナウイルスの影響で外食需要は低迷、飲食店は苦しい状況が続いている。緊急事態宣言が解除されて以降、人々の活動範囲は“withコロナ”の意識とともに少しずつ広がりつつあった。しかし、7月に入りこれまで以上に国内の新規感染者数が増加>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go Toイート「食事券」は9月中旬にも。飲食店が参加・登録するには?(2020年9月10日更新)
農林水産省は9月8日、新型コロナウイルスにより売上減少などの影響を受けている飲食店を支援する「Go Toイートキャンペーン」のプレミアム付き食事券について、飲食店の参加登録が順次可能になったことを発表。また、早くて9月中旬から消費者へ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】大阪が独自の飲食店支援。4人以下の食事で2000円分のポイント還元(2020年9月4日更新)
大阪府は9月2日、新型コロナウイルスの感染拡大によって売上減少などの影響を受けている飲食店への独自の支援策として、一定の条件を満たして飲食をした利用客にポイントを還元する「『少人数利用』飲食店応援キャンペーン」を実施することを発>>>記事の続きを読む

・飲食店に最適な「クラウドファンディング」5選。コロナ禍の資金調達に!(2020年9月2日更新)
新型コロナウイルスの影響が続く外食業界。こうした状況を打破しようと「クラウドファンディング」を始める飲食店が増えてきている。そこで今回は、飲食店におすすめのクラウドファンディングサービスを徹底比較。クラウドファンディングによる資>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go Toイート委託先に「ぐるなび」などが決定。開始時期は慎重に判断(2020年8月28日更新)
農林水産省は8月25日、政府が推進する「Go Toキャンペーン」のひとつである「Go Toイートキャンペーン」の委託事業者が決定したことを発表。オンライン飲食予約事業者は13件、食事券発行委託事業者は33府県35件が採択された。「Go To Eatキ>>>記事の続きを読む

・最低賃金、「コロナ影響」で東京・大阪は据置き。全国平均は1円増、飲食店も対応を(2020年8月24日更新)
厚生労働省の「中央最低賃金審議会」は8月21日、2020年度の都道府県別最低賃金の改定額を公表した。全国平均の時給は現行より1円増の902円。10月から順次引き上げられる。最低賃金は、企業が従業員に支払わなければならない最低限の賃金。パ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店におけるクラスター事例集。国立感染研究所が発表(2020年8月20日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大により、全国各地でクラスター(集団感染)が発生している。国立感染症研究所(感染研)はこれまでに発生したクラスター約100件を分析し、典型的なケースを事例集として公表。今回はその中から飲食店に関連するもの>>>記事の続きを読む

・コロナ禍で加速する外食の「未来」。竹田クニ氏が語る「これからの飲食店」(2020年8月6日更新)
新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、外食産業は未曽有の厳しい状況が続いている。ホットペッパーグルメ外食総研・エヴァンジェリスト(伝道師)の竹田クニ氏に新型コロナウイルスによって市場は今後どのように変わっていくのかを語っていた>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】大阪は1日2万円の協力金を給付。飲食店の時短営業要請、各地の動きは?(2020年8月5日更新)
東京都では8月3日から、酒類を提供する飲食店やカラオケ店への営業時間の短縮要請が始まった。新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、ほかの都道府県ではどのような動きがみられるのか。各地の動きをまとめた。特に感染者が多い繁華街・ミ>>>記事の続きを読む

・飲食店のテイクアウト、客単価は夕食で1,708円。ホットペッパーグルメ外食総研が調査(2020年8月3日更新)
リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」が、飲食店からのテイクアウトの利用実態について消費者アンケートを実施した。今回はその結果を詳しくご紹介する。まずは2020年5月に飲食店>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】東京都が飲食店に営業時間の短縮を要請。夜10時まで、協力金は20万円(2020年7月31日更新)
東京都は7月30日、都内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、酒類を提供する飲食店とカラオケ店に対し、営業時間を朝5時から夜10時までに短縮するよう要請した。期間は8月3日から8月31日までで、全面的に協力に応じた中小事業>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】Go To Eatキャンペーンはいつから? 飲食店の参加条件は?(2020年7月28日更新)
農林水産省は7月21日、政府が推進する「Go Toキャンペーン」のひとつである「Go To Eatキャンペーン事業」を委託する事業者の公募を開始した。今回は飲食店の支援を目的とした同キャンペーンについて改めておさらいする。「Go To Eatキャンペ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の衛生管理に役立つサービス集。助成金から無料ステッカーまで(2020年7月22日更新)
緊急事態宣言が解除したとはいえ、まだまだ予断を許さない状況が続いている。そんななか、飲食店に求められているのが徹底した“衛生対策”だ。そこで今回は、国や自治体、企業などが提供している飲食店の衛生対策に役立つ様々なサービスや情報をま>>>記事の続きを読む

・飲食店の「インスタ集客」を徹底解説。ウィズコロナ時代に役立つ新機能、続々と!(2020年7月7日更新)
インスタグラムが、コロナ禍で苦境に立つ飲食店向けの機能を充実させている。4月に「料理を注文」、5月に「ギフトカード」「お店を応援」機能を追加。インスタグラムを通じて、デリバリーやテイクアウトの受注、前売り券などの販売ができるよ>>>記事の続きを読む

・飲食店に「席間隔」と「換気」求める声多数。ホットペッパーグルメ外食総研が調査(2020年7月6日更新)
リクルートライフスタイルの外食市場調査・研究機関である「ホットペッパーグルメ外食総研」が、緊急事態宣言解除後の外食実態を調査した。新型コロナウイルスの感染拡大がいまだ収束しない状況下で、消費者は「外食」に対してどのような考えを持>>>記事の続きを読む

・飲食店の「新しい生活様式」への対応、事例5選。ウィズコロナ時代の店づくり(2020年6月25日更新)
緊急事態宣言が解除されたものの、未だ予断を許さない状況が続いている。そんな中、注目されているのが、新型コロナの感染拡大防止策を取り入れた「新しい生活様式」だ。飲食業界でも「新しい生活様式」に対応している店が増えつつあるが、どのよ>>>記事の続きを読む

・7月1日からプラスチック製レジ袋が有料化。飲食店のテイクアウト販売も対象に(2020年6月22日更新)
7月1日より、全国でプラスチック製レジ袋の有料化がスタート。事業者としても消費者としても知っておきたい同制度について、対象となるレジ袋の種類や有料化のルールなど、基本的な情報を紹介する。プラスチックは成形しやすく、軽くて丈夫で>>>記事の続きを読む

・ウィズコロナ時代の飲食店経営で大切なこと。売上回復、コスト削減 etc...(2020年6月19日更新)
東京都は6月19日、飲食店などへの休業要請を全面解除。飲食店は時間の制限を受けることなく営業できるようになった。新型コロナウイルスが収束するまでは、感染拡大防止対策を取り入れた新たな営業スタイルが求められるが、長きに渡った休業要請>>>記事の続きを読む

・飲食店と「コロナ」の戦いは終わらない。日本フードサービス協会に聞く外食業界の実情(2020年6月18日更新)
緊急事態宣言が解除され新型コロナウイルス禍が徐々に収束に向かい、社会は明るさを取り戻しつつあるように思える。しかし、外食産業の業界団体である一般社団法人日本フードサービス協会(以下JF、所在地:東京都港区、会長:赤塚保正)は、厳>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の客足回復なるか? 「Go Toキャンペーン」開始急ぐ(2020年6月17日更新)
5月25日に新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全面解除され、「新たな生活様式」を実践しながら感染防止と経済活動の両立を図る“withコロナ”のフェーズへ突入した。政府はこれまで様々な経済支援策を打ち出してきたが、今後の支援策で特に>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】東京都の飲食店、営業時間は夜12時までに。休業要請「ステップ3」に移行(2020年6月12日更新)
東京都は6月11日、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒を呼びかける「東京アラート」を解除した。都では独自に「新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップ」を示しており、「新規感染者数」「新規感染者における接触歴等不明率>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の路上利用を支援。店先でのテイクアウト販売、テラス席の設置が可能に(2020年6月9日更新)
国土交通省は6月5日、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食店を支援するための緊急措置として、飲食店が歩道などを利用して営業できるよう、道路占用の許可基準を緩和することを発表した。許可がおりれば、「3つの密」の回避など感染拡>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の感染症対策「基本のキ」。今すぐできる5つの工夫(2020年6月4日更新)
新型コロナウイルスの影響により、いつも以上に衛生面に気を配っている飲食店がほとんどだろう。また、2020年6月から「HACCP(ハサップ)」が義務化(1年間の経過措置あり)されたこともあり、飲食店はより厳密な衛生管理が求められるよう>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】緊急事態宣言が全面解除。東京都の飲食店は午後10時まで営業が可能に(2020年5月26日更新)
政府は5月25日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、継続中だった東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏4都県と北海道を対象から外し、全都道府県で解除することを発表。4月7日の発令から約7週間での全面解除となった。安倍首相は>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】緊急事態宣言、大阪・京都・兵庫で解除。東京ほか5都道県は25日にも判断(2020年5月22日更新)
政府は21日、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言について、大阪・京都・兵庫の3府県で解除することを発表。新規感染者数の十分な減少などから判断した。大阪府はこれを受け、大規模な遊興施設や遊戯施設、運動施設などへの休業要請を解除>>>記事の続きを読む

・飲食店の家賃支払い問題はどうなる? 「外食産業の声」がパネルディスカッション実施(2020年5月20日更新)
新型コロナウイルスの影響で飲食店にとって苦しい状況が続いている。緊急事態宣言が解除された地域では通常営業に戻る飲食店も増えているが、以前の売上に戻るにはしばらく時間が掛かるだろう。そんな中で何とかこの窮地を救おうと発足された>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店が営業を再開する際のガイドライン。日本フードサービス協会が発表(2020年5月19日更新)
日本フードサービス協会は5月14日、新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づく「外食業の事業継続のためのガイドライン」を発表した。ガイドラインでは、飲食店が事業を再開するにあたって、現場の実情に配慮しながら3密(密 閉、密>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】緊急事態宣言、39県で解除。大阪は継続も飲食店の休業要請は緩和へ(2020年5月15日更新)
安倍晋三首相は5月14日の記者会見で、新型コロナウイルス対策に関する緊急事態宣言について、39県で解除することを表明した。解除されたのは、重点的な対策が必要な13の「特定警戒都道府県」のうち茨城県、岐阜県、石川県、愛知県、福岡県の5>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】緊急事態宣言、14日にも一部解除へ。特定警戒の茨城・岐阜なども検討(2020年5月13日更新)
5月31日まで延長された新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言について、政府は「特定警戒都道府県」の一部とそれ以外の34県で、期限を前倒しした解除を検討している。5月14日に専門家会議を開き、緊急事態宣言の「再評価」を要請。解>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】緊急事態宣言延長も34県に緩和指針。飲食店が営業を再開する際の注意点は?(2020年5月12日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が、5月7日から5月31日まで延長された。東京や大阪など、13の「特定警戒都道府県」については、これまで同様の取り組みが必要とされているが、それ以外の34県では、“3密”回避をはじめとした>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】ビール会社がハンバーガー店とバーを支援。「それが私たちメーカーの使命」(2020年5月11日更新)
新型コロナウイルスの影響により苦境に立たされている外食業界。飲食店の窮状を少しでも救おうと、アメリカ生まれのビールメーカー・Pabst Blue Ribbon Japan(パブストブルーリボンジャパン)が、首都圏のバーとハンバーガー店の支援を行ってい>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】「外食産業の声」発足、家賃減免を求める「支払いモラトリアム法」提言(2020年04月28日更新)
4月16日、全国に緊急事態宣言が発令され、休業や営業時間の短縮を行う飲食店が増加。店舗家賃などの固定費が支払えず、泣く泣く廃業するケースも決して珍しいことではなくなってしまった。そんな苦しい外食業界の現状を変えるべく、立ち上がっ>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店への支援の輪が広がる。クラウドファンディングで2500万円の支援も(2020年04月17日更新)
新型コロナウイルス感染拡大の影響で緊急事態宣言が全国に拡大。外食業界は売上の減少や休業に追い込まれるなど、大きな打撃を受けているが、一方で、苦境に立たされている飲食店を支援する動きも広まっている>>>記事の続きを読む

・【新型コロナ】飲食店の休業要請、7都府県の動き。東京都では「協力金」の支給も(2020年04月13日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大により、安倍首相は4月7日、7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に、法律に基づく「緊急事態宣言」を発令した。これを受け、東京都の小池百合子知事は4月10日の記者会見で、都の緊急事態>>>記事の続きを読む

・新型コロナで7都府県に「緊急事態宣言」。飲食店への休業要請・補償はどうなる?(2020年04月08日更新)
新型コロナウイルスの感染拡大により、安倍首相は7日午後、7都府県(東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、福岡)を対象に緊急事態宣言を発令した。これを受け、東京都の小池知事も記者会見を実施。5月6日までの期間、都内全域を対象に外出>>>記事の続きを読む

・『吉野家』が子どもの食事をサポート。新型コロナによる休校を支援する飲食店が続々と(2020年03月17日)
新型コロナウイルスの影響で臨時休校中の子どもの食事をサポートするため、『吉野家』が牛丼の割引販売をスタートした。12歳以下の子どもを対象に、テイクアウトの牛丼を74円引きする。今回は、大きな話題を呼んでいる『吉野家』の支援内容に>>>記事の続きを読む

・新型コロナ問題で日本フードサービス協会「飲食店へ緊急融資を」。政府へ求める4つの施策(2020年03月09日更新)
新型コロナウイルスによる感染症の拡大が、外食産業を直撃している。多くの経営者・自営業者が先行きが見えず、不安を抱えた状態にある。外食産業のサポート役といえる一般社団法人日本フードサービス協会(JF、所在地:東京都港区、会長:髙岡慎>>>記事の続きを読む

・新型コロナウイルスの影響拡大。国・地方自治体で飲食店を支援する動きも(2020年02月27日更新)
中国のみならず、日本にも大きな打撃を与え始めた新型コロナウイルス。国内の感染者も増えており、今や日本全体の問題となっている。外出を控える人も増えていることから、飲食店への客足が遠のいてしまうなど、外食業界に与える影響も気になると>>>記事の続きを読む

Pocket
follow us in feedly

Foodist Mediaをフォローして最新記事をチェック!

ニュースレターの購読はこちらから(無料)
Foodist Mediaの新着記事をお知らせします(毎週2回配信)
※お申し込みの前に、個人情報の取扱いについてご確認いただき、同意の上お申し込みください。
[PR]
『Foodist Media』編集部

About 『Foodist Media』編集部

『Foodist Media』は飲食店.COMが運営する“食”に関するWEBマガジンです。飲食業界の最新ニュースをはじめ、食にまつわる役立つ情報や、実際に働く方々の声を読者に届けていきます。